« 速報瓦斯戦 | トップページ | 速報G大阪戦 »

2016年9月25日 (日)

速報広島戦

槙野は欠場、興梠がスタメンに復帰。最近の戦績は良くない広島戦、残り5試合となりここは勝っておきたいところ。
スタメンは、
FWー興梠
MFー高木、武藤、関根、駒井、柏木、阿部
DFー宇賀神、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、加賀、遠藤、青木、石原、李、ズラタン。槙野、梅崎がいないなか、サブにいる選手でもスタメンを張ってもおかしくない、選手層ご随分厚くなった印象。主審へ扇谷。
前半、フォーメーションではミラーゲームなのだが、広島は5バックを形成浦和をリトリートしての守備、浦和はボールをキープするが、興梠のヘッドがあいそこなかったぐらいで決定機は掴めず。
広島は浦和のプレスにビルドアップがままならず、ピーターウタカ、ミキッチの単独突破での攻めになる。右サイドからのミキッチの突破、ピーターウタカのシュートは西川防いだが、3度目のミキッチの突破は宇賀神ごたまらずにPA内でファウルを犯しPKを献上。
しかし、ここからの展開は広島からすれば
信じられないものとなる。ピーターウタカが狙ったPKは、浦和ゴール裏のブーイングに惑わされるように、あり得ない枠外へ外す。続いての浦和のカウンターからの右サイドからのクロスに対して、千葉がまさかのオウンゴール。広島からすれば悪夢の5分間だった。
後半、浦和はミキッチからの突破を止められず絶体絶命のピンチからのカウンター、柏木→高木と繋いで最後は興梠がゲット。広島はミキッチサイドこら再三チャンスを掴むが、西川の獅子奮迅のセーブによりゴールを奪えず。広島はミキッチサイドからの攻撃を継続していれば良かったのだが、何故かピーターウタカ→皆川で力ずくの中央突破になったらあかんでえ。
ミシャの、駒井→遠藤でミキッチ対策で出たのが、広島の戦略を誤らせたのか。中盤でボールをカットした宇賀神から、高木にパスが通り、高木はワンオンワンを制して落ち着いてゴールを決める。
ミシャは、青木を入れて守備を固める、広島は枠内シュート放つが西川の鬼神のような守備の前に得点を上げられず。ミシャの作戦勝ちかな。

|

« 速報瓦斯戦 | トップページ | 速報G大阪戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報広島戦:

« 速報瓦斯戦 | トップページ | 速報G大阪戦 »