« 速報ルヴァン杯神戸戦 | トップページ | 速報瓦斯戦 »

2016年9月10日 (土)

速報鳥栖戦

代表組が戻り再開されたリーグ戦、槙野も復帰。
スタメンは、
FWーズラタン
MFー武藤、高木、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、遠藤、青木、駒井、石原、李、興梠。西川、槙野、柏木は復帰するが、遠藤はサブ。好調の高木はそのままスタメン、高木の出現により浦和のメンバーは随分と暑くなった印象。主審は今村。
前半、鳥栖は5バックで前3人は盛んにプレスをかけてくる。浦和は最初はビルドアップに苦しむも、鳥栖のプレスは時間とともにフェードアウト。
浦和の攻めは、いまいちコンビネーションに欠ける感じはあったものの、ズラタンにボールがおさまる。サイドに振っての攻撃でおしい場面あり。鳥栖はプレス効かなくなると、柏木、阿部がドリブルで中盤を突破してゆく場面が多くなる。
ズラタンのポストプレーから宇賀神のシュートはゴールポストに当たってゴールイン。その直後、浦和は軽い守りから決定的ピンチを招くが西川のビッグセーブで救われる。2点目は、中央突破した阿部から関根わたり、関根からパスを受けた武藤が豪快にゴールを決める。鳥栖の豊田には何もさせず。
後半、浦和は鳥栖にボールを持たせてカウンター狙い、鳥栖はボールを繋ごうとするが浦和の守備に引っかかり肝心の豊田へボールが全く回らず。パス回しが出来ず浦和の守備網にかかってしまうならば、豊田目がての縦ポンの方が全然怖いのですが、パスを回そうとしてまんまと浦和の戦術にはまってしまいましたね。
ズラタン、高木→興梠、李と交代、試合を決める得点が必要なわけですが、李が2度ほど決定機を決められず。柏木→青木で締める。ズラタン、高木ユニットの方が興梠、李ユニットより評価を高めましたね。守備も西川ご決定機を2度防いで、結果的には完封勝ち。

|

« 速報ルヴァン杯神戸戦 | トップページ | 速報瓦斯戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報鳥栖戦:

« 速報ルヴァン杯神戸戦 | トップページ | 速報瓦斯戦 »