« 速報甲府戦 | トップページ | 速報名古屋戦 »

2016年8月 6日 (土)

速報湘南戦

暑さ厳しい真夏の中での試合、運動量がうりの湘南には辛い季節ですな。湘南は前から出てくるので、引きこもりの相手よりは戦いやすい。
スタメンは
FWー李
MFー武藤、高木、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、加賀、青木、梅崎、駒井、石原、ズラタン。メンバーは甲府戦と同じ。主審は村上。
前半、湘南は立ち上がりから全開の前線からのプレス、浦和もビルドアップには苦しみ、前線へのロングパスが多くなる。ただし湘南のプレスは連動性がイマイチなのかな、浦和のプレスと比べるとそんな感じがしました。
前節の甲府とは全く違う、攻守の切り替えが早く見ていても面白いゲームです。湘南はミスが多い、それが今の順位なのか。
浦和の先制点は西川からのロングフィードを関根が相手GKとせって決めたもの、相手GKのポジショニングミスですな。その後、浦和は槙野スペシャルから宇賀神→武藤の絶好機があったが決めきれず。そして、左サイドを抜け出した柏木から李へのパスをカットした湘南DFが武藤たプレゼントパス、武藤がやすやすと決めた。
しかし、リードを奪われてもげない湘南、浦和の右サイドを破り中にも人をかけてのゴール。決定機を考えれば互角の展開だった。
後半、真夏のコンデションを考えれば湘南の動きが落ちてくるのは必定、プレスの連動性が落ち、浦和はやすやすとオープンの選手へ繋いでビルドアップが楽になる。浦和の追加点はようやくのCKから、槙野がワントラップから決めて、勝負あり。
湘南も諦めずに攻めに出るが、後半はさすがに足が止まりミスも多くなった。浦和は交代で出た青木の気の利いた動きから武藤がダメ押し。湘南は負けはしたが、浦和とのポゼッションでの差はあまり無かった様な気がします。清々しい負け方、見る者の心を動かす戦い方でした。

|

« 速報甲府戦 | トップページ | 速報名古屋戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報湘南戦:

« 速報甲府戦 | トップページ | 速報名古屋戦 »