« 速報仙台戦 | トップページ | 鹿の国への道のり »

2016年7月17日 (日)

速報大宮戦

6連勝のかかる大宮戦、リオメンバーはここで一旦離脱する。よってメンバーはいつものスタメン。
スタメンは、
FWー興梠
MFー武藤、李、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、遠藤、森脇
GKー西川
サブは、大谷、那須、青木、駒井、梅崎、石原、ズラタン。ズラタンがメンバーに復帰。大宮はムルジャはベンチ、家永が欠場。主審は家本。
前半、大宮は4-4-2の綺麗に2ラインを敷いてくる。2ラインをきっちり敷かれると浦和は攻め手がない。サイドでは優位になるが、大宮の中の守備は固い、と言うかサイドは諦め中に集中している。
浦和は大宮のDFラインの裏を徹底的に狙うが攻めは単発。ポイントはセットプレーなのでしょうが、CKは入る気配がしない。大宮がゴール前でユニを引っ張る反則、これを柏木が見事に決めて浦和が先制。
しかし、浦和のDFは集中力を欠く。宇賀神がサイドでの対応に怪しげな守備を連発。そのため、ラインが下がりバイタルがすかすかになる。大宮たまから何とかなっていたが、、宇賀神サイドこら取られたCKから、アデッショナルタイムに失点。勿体ない失点だった。
後半、暑さの為なのか守備の集中力がない。青木、ズラタン投入、柏木一列上がり、ボールの周りは良くなったかに見え、関根のクロスから武藤がヘッドを決めて勝ち越し。
しかし、宇賀神が痛んだ隙を突かれ、左サイドからマテウスの進入を許し、いとも簡単にシュートを決められてしまう。
その後はダービーには珍しい攻め合いになるが、ズラタン→柏木のヘッドはGK正面、ツキにも見放される。もう少し、集中して守備をしていればなあ。川崎、鹿島も引き分けなので、勿体ない引き分け。

|

« 速報仙台戦 | トップページ | 鹿の国への道のり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報大宮戦:

« 速報仙台戦 | トップページ | 鹿の国への道のり »