« 速報瓦斯戦 | トップページ | 速報福岡戦 »

2016年6月25日 (土)

速報神戸戦

槙野、宇賀神欠場での一戦。激しい波はあったが勝って1stステージは終わりたいところです。
スタメンは
FWー興梠
MFー武藤、李、関根、駒井、柏木、阿部
DFー遠藤、那須、森脇
GKー西川
サブは
大谷、梅崎、青木、高木、平川、石原、ズラタン。槙野、宇賀神欠場、遠藤右で森脇が左に回る。主審は西村。
前半、浦和の攻めに対して神戸は、1-4-5で守る。レアンドロとペドロジュニオールとの距離が空きすぎで怖さは半減、レアンドロた渡辺のコンビネーションは渡辺の動きがイマイチ遅い。だだし、レアンドロ、ペドロジュニオールは単独でシュートまでもっていけるこら、そこが怖いところ。
浦和は、森脇にボールが回ってくる回数が多いような展開になる。中央乗ってコンビネーションはまあまあだかシュートまではもっていけない。裏狙いから、李が抜け出したところで、GKとせりこぼれたボールを興梠がゲット。
ミスからペドロジュニオールに単独で抜け出され危ない場面もあった。浦和は前半アデッショナルタイム、右サイド駒井から李にスイッチ、李のクロスを興梠が見事のコントロールシュートを決めて前半終了。
後半、神戸は立ち上がりからペースを替えてくる。レアンドロ、ペドロジュニオール、渡辺の3トップで前から盛んにプレッシャーをかけてくる。苦手の藤田のロングスローからレアンドロに決められる。その後神戸の時間帯が続いたが、浦和は粘り強く守る。厳しい時間帯をしのぎ切れたのが今日の勝負のアヤ。
ズラタン、興梠と止めを刺す機会があったが決められず。最後はCKからのサインプレーの梅崎のシュートはハンドの判定でPK、これを梅崎自ら決めて勝負は決まる。お互いにミスの多い試合てましたね。

|

« 速報瓦斯戦 | トップページ | 速報福岡戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報神戸戦:

« 速報瓦斯戦 | トップページ | 速報福岡戦 »