« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月25日 (土)

速報神戸戦

槙野、宇賀神欠場での一戦。激しい波はあったが勝って1stステージは終わりたいところです。
スタメンは
FWー興梠
MFー武藤、李、関根、駒井、柏木、阿部
DFー遠藤、那須、森脇
GKー西川
サブは
大谷、梅崎、青木、高木、平川、石原、ズラタン。槙野、宇賀神欠場、遠藤右で森脇が左に回る。主審は西村。
前半、浦和の攻めに対して神戸は、1-4-5で守る。レアンドロとペドロジュニオールとの距離が空きすぎで怖さは半減、レアンドロた渡辺のコンビネーションは渡辺の動きがイマイチ遅い。だだし、レアンドロ、ペドロジュニオールは単独でシュートまでもっていけるこら、そこが怖いところ。
浦和は、森脇にボールが回ってくる回数が多いような展開になる。中央乗ってコンビネーションはまあまあだかシュートまではもっていけない。裏狙いから、李が抜け出したところで、GKとせりこぼれたボールを興梠がゲット。
ミスからペドロジュニオールに単独で抜け出され危ない場面もあった。浦和は前半アデッショナルタイム、右サイド駒井から李にスイッチ、李のクロスを興梠が見事のコントロールシュートを決めて前半終了。
後半、神戸は立ち上がりからペースを替えてくる。レアンドロ、ペドロジュニオール、渡辺の3トップで前から盛んにプレッシャーをかけてくる。苦手の藤田のロングスローからレアンドロに決められる。その後神戸の時間帯が続いたが、浦和は粘り強く守る。厳しい時間帯をしのぎ切れたのが今日の勝負のアヤ。
ズラタン、興梠と止めを刺す機会があったが決められず。最後はCKからのサインプレーの梅崎のシュートはハンドの判定でPK、これを梅崎自ら決めて勝負は決まる。お互いにミスの多い試合てましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

速報瓦斯戦

調子が上がらない浦和ですが、ミシャの戦略はどうなのよ。
スタメンは
FWー興梠
MFー武藤、李、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、遠藤、森脇
GKー西川
サブは、大谷、那須、青木、駒井、梅崎、石原、ズラタン。いつの間にか、固定のスタメンに戻ってしまった。明らかに調子が上がらない選手が、いるのですがミシャは頑固にやる事は買えない。主審は飯田。
前半、入りは良かったが興梠のヘッドは枠をとらえられない。ボールは回るが怖いところに入っていかない。セットプレーも、得点の、匂いがしない。
悪い循環は続くもので、慌てなくて良い場面で無理にパスを出そうとして、瓦斯にカットされ最後はムリキに決められてしまう。その後浦和の時間帯だったが得点出来ず。そうこうしているうちに、ミスっぽいボールロストからこぼれ球を決められてしまう。全く良いところ無し。後半、瓦斯は試合を決めようと前からプレスに来る。浦和はミスからムリキにポスト直撃のシュートをくらう。これが今日の試合のアヤ、あれが決まっていれば今日の試合は終わりだった。
駒井の投入が効いた。瓦斯は駒井サイドこら再三崩されバランスを崩す。右サイドからの興梠のクロスを槙野が決める。この1点で瓦斯は完全に浮き足立つ。続いてまた槙野がシュートを決めて同点。更に阿部の強烈なミドルはクロスバー直撃でしだが、李が詰めて逆転。
ミシャの交代も今日は効果的でした。最後の詰めをした誤った瓦斯は埼スタでは当分勝てないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

速報広島戦

うんこ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

速報G大阪戦

前節の鹿島戦の敗戦で1stステージの自力優勝が消えてしまったわけですが、ミシャはやけくそのターンオーバーをしいてきた。決して戦略に裏打ちされているとは思えない。ただ、ここで結果が出ればミシャの評価も変わってくると思います。
スタメンは
FWーズラタン
MFー石原、李、関根、駒井、柏木、阿部
DFー槙野、遠藤、加賀
GKー西川
サブは、大谷、那須、青木、宇賀神、梅崎、武藤、興梠。森脇はサスペンションとして、ただ加賀がスタメンは驚き、サイドも取っ替え、興梠、武藤もスタメン落ち。駒井は正念場、ここで結果を残したいところです。主審は村上。
前半、選手入れ替わりの影響か、攻守に落ち着きがない浦和、G大阪にボールを持たされている感じ、完全に真ん中は守備を固められてしまっている。
縦ポンでアデミウソンに抜け出され、切り返されタメを作られてしまい、真ん中でフリーになった宇佐美にやすやすと決められる。その後の岩下のセットプレーからのヘッド、またもアデミウソンに抜け出されミドルシュートがリフレクションしたボールを遠藤がシュートするが、ポスト直撃。1-0で終わったのが不思議なくらいの前半の不出来でした。攻撃のスイッチが入るポイントが全然分からない。
後半、結局何も起こらず。ミシャの評価を著しく下げる結果となってしまいましたね。あれだけのメンツを揃えながら、使い回しが出来ない。これはミシャの致命的な弱点ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

速報鹿島戦

ACLの未消化2試合を含み、2週間で5連戦の厳しいスケジュール、直前に休憩があったのは良かったが、代表組はきついスケジュールが続く。
スタメンは、
FWー興梠
MFー武藤、李、宇賀神、梅崎、柏木、阿部
DFー槙野、遠藤、森脇
GKー西川
サブは、大谷、那須、青木、関根、駒井、石原、ズラタン。カイオへの対応のためか、関根に代わり梅崎がWGに入る。主審はベンジャミン。
前半、序盤は浦和のペース、武藤→興梠はタイミングはあったが興梠のヘッドは枠外。浦和は右サイドからの攻めが多い。カイオに守備に回そうという戦法なのか。
中盤からはお互いに攻め合う、金崎のシュートはポストを叩く。またカイオのアクロバティックなボレーは西川がセーブして難を逃れる。前半終了間際に日だサイドから完全に崩されたが、鹿島のシュートはクロスバーに当たり西川キャッチする。浦和がぼーを支配していたが、決定機は鹿島という展開。
後半、前半からの流れで鹿島がいなくなると圧倒的に攻める。流れ的にはいつ取られてもおかしくない展開であったが、その流れを食い止めることがでずに、カイオが起点となり金先にシュートを決められる。
その後、浦和はズラタン投入、両サイドの2枚替えで打開を図るが、シュートを決められず。入ってもおかしくないシュートはあったのだが、結局ここが勝負のあや。最後はPKを取られ止めを刺された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報鹿島戦

ACLの未消化2試合を含み、2週間で5連戦の厳しいスケジュール、直前に休憩があったのは良かったが、代表組はきついスケジュールが続く。
スタメンは、
FWー興梠
MFー武藤、李、宇賀神、梅崎、柏木、阿部
DFー槙野、遠藤、森脇
GKー西川
サブは、大谷、那須、青木、関根、駒井、石原、ズラタン。カイオへの対応のためか、関根に代わり梅崎がWGに入る。主審はベンジャミン。
前半、序盤は浦和のペース、武藤→興梠はタイミングはあったが興梠のヘッドは枠外。浦和は右サイドからの攻めが多い。カイオに守備に回そうという戦法なのか。
中盤からはお互いに攻め合う、金崎のシュートはポストを叩く。またカイオのアクロバティックなボレーは西川がセーブして難を逃れる。前半終了間際に日だサイドから完全に崩されたが、鹿島のシュートはクロスバーに当たり西川キャッチする。浦和がぼーを支配していたが、決定機は鹿島という展開。
後半、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »