« 速報鹿島戦 | トップページ | 速報広島戦 »

2016年6月15日 (水)

速報G大阪戦

前節の鹿島戦の敗戦で1stステージの自力優勝が消えてしまったわけですが、ミシャはやけくそのターンオーバーをしいてきた。決して戦略に裏打ちされているとは思えない。ただ、ここで結果が出ればミシャの評価も変わってくると思います。
スタメンは
FWーズラタン
MFー石原、李、関根、駒井、柏木、阿部
DFー槙野、遠藤、加賀
GKー西川
サブは、大谷、那須、青木、宇賀神、梅崎、武藤、興梠。森脇はサスペンションとして、ただ加賀がスタメンは驚き、サイドも取っ替え、興梠、武藤もスタメン落ち。駒井は正念場、ここで結果を残したいところです。主審は村上。
前半、選手入れ替わりの影響か、攻守に落ち着きがない浦和、G大阪にボールを持たされている感じ、完全に真ん中は守備を固められてしまっている。
縦ポンでアデミウソンに抜け出され、切り返されタメを作られてしまい、真ん中でフリーになった宇佐美にやすやすと決められる。その後の岩下のセットプレーからのヘッド、またもアデミウソンに抜け出されミドルシュートがリフレクションしたボールを遠藤がシュートするが、ポスト直撃。1-0で終わったのが不思議なくらいの前半の不出来でした。攻撃のスイッチが入るポイントが全然分からない。
後半、結局何も起こらず。ミシャの評価を著しく下げる結果となってしまいましたね。あれだけのメンツを揃えながら、使い回しが出来ない。これはミシャの致命的な弱点ですね。

|

« 速報鹿島戦 | トップページ | 速報広島戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報G大阪戦:

« 速報鹿島戦 | トップページ | 速報広島戦 »