« 速報浦項戦 | トップページ | 速報新潟戦 »

2016年5月 8日 (日)

速報大宮戦

勝ち切る試合が出来ました。これは、今後の試合展開の中でも求められることだと思います。
スタメンは
FWー興梠
MFー武藤、李、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、遠藤、森脇
GKー西川
サブは、大谷、那須、橋本、青木、駒井、梅崎、ズラタン。宇賀神がスタメンに復帰、高木、石原はメンバー外。主審は山本。
前半、浦和はいつもの通りの攻めをするが、大宮は外人3人はベンチで、完全にリアクション・サッカー。ボールの収まり処は家長だけ。前からプレッシャーをかけてくるわけでもなく、4人の2ラインを敷いて、中のスペースを完全に消している。
浦和はサイドから攻撃、特に左サイド攻撃では完全に優位にたつが、クロスの精度がいまいち、立ち上がりに宇賀神がサイド突破してクロス送るが、中で今一歩のところで会わず。大宮はカウンターを仕掛けるが、浦和の素早い出足になかなか攻めに出れない。
展開的には、大宮なのかなという前半の終了間際に、高い位置で柏木が大宮ボールを奪取、武藤に預けた折り返しを右足シュートを決めて浦和が先制。
後半、大宮も前目に攻めに出るが、浦和の素早い出足に何もできないという印象。外人3人投入するが、ビルドアップできず、ロングボールも浦和の厳しい寄せにセカンドボールが奪えない展開。
さりとて浦和も2点目を奪えず、惜しい場面は何度かあったが結局決めきれず。大宮に決定機を作らせずに、内容的には完勝でした。

|

« 速報浦項戦 | トップページ | 速報新潟戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報大宮戦:

« 速報浦項戦 | トップページ | 速報新潟戦 »