« 速報大宮戦 | トップページ | ACLFCソウル戦 »

2016年5月14日 (土)

速報新潟戦

また、ACLを挟んで連戦となるわけですが、現在の、好調の維持、総力戦で選手のローテーションを上手くこなしていきたい。
スタメンは
FWー興梠
MFー武藤、李、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、遠藤、森脇
GKー西川
サブは、大谷、那須、青木、梅崎、駒井、石原、ズラタン。スタメンは、ほぼ固定してきている。ACLを含めた連戦は、此のメンバーに乗り切るのでしょうね。主審は西村。
前半、新潟は4-4-2でコンパクトに2ラインをしいてくるのは大宮とおなじ。ただし大宮ほど中のDFが強いわけではない。浦和は、細かパスをつなぎながら中から攻める。柏木ミドルから興梠がこぼれを狙うとか惜しい場面あり。サイドからも右左とバランスよく攻める。武藤のパスから裏に抜けた興梠がPA中で倒されPKを得るが、興梠のPKはGKにセーブされ得点にはつながらず。
前半の終了間際にカウンターから危ない場面を2度ほど作られるが、冷静に対応してゴールを割らせず。DFへ非常に安定感がある。
後半、新潟は5バックにして守りを固める。浦和の攻めのコンビネーションにも、ズレが生じるようになってくる。新潟に攻めの形を、つくられ危ない場面も出でくる。ミシャは、宇賀神、関根のサイドを交代、ズラタン投入。サイドを梅崎、駒井とするが、コンビネーションのズレは埋められず、新潟の堅守を崩せず。PKを決めていればという展開だったが、まあよくある展開ですな。

|

« 速報大宮戦 | トップページ | ACLFCソウル戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報新潟戦:

« 速報大宮戦 | トップページ | ACLFCソウル戦 »