« 速報仙台戦 | トップページ | 速報名古屋戦 »

2016年4月24日 (日)

速報川崎戦

ACLの豪州遠征から中3日で首位の川崎との一戦、川崎は引いて守るということはないと思うので、見どころがある戦いとなる。
スタメンは、
FW-興梠
MF-武藤、李、宇賀神、関根、柏木、阿部
DF-槙野、遠藤、森脇
GK-西川
サブは、大谷、那須、青木、梅崎、駒井、伊藤、高木。ACLでお休みだった宇賀神、森脇はスタメン。ズラタンは欠場、伊藤が石原を押しのけベンチメンバーに抜擢される。川崎は、大久保、小林の2トップで来る。主審は木村。
前半、試合の主導権は浦和が握る。陣形をコンパクトにして、高い位置からボール奪取を狙う浦和DFの前に、川崎は頼みの大久保、小林にボールがつながらず。ただチャンスも興梠のミドルがクロスバー直撃、はね返りに反応した李のシュートも枠の外に外れる。川崎のチャンスも、小林→田坂のシュートもゴールを外れる。
浦和はボールを支配して、コンビネーションもいい感じでサイドも関根からが良かったが、ゴールを割るには至らず。守備については、全員の守備意識は高く、高い位置でボールを奪い一気に川崎ゴールへというチームとしての意識は高かった。
後半、立ち上がりは川崎が攻めるものの攻撃の厚みは感じられず。というより浦和の守備は良かったというべきなのでしょう。攻守の切り替えも早く、お互いに攻めについては鋭いものがあり、緊迫感が漂うし、お互いに攻守の切り替えも早く、守備では体をはって守り、見てていても楽しい試合でした。浦和は、森脇のクロスを李が落としてそれを武藤がダイレクトにシュートを決め、見事なコンビネーションで先制する。その後も、興梠のシュートはクロスバー直撃で追加点は逃す。
守備は非常に安定しており、川崎の攻めを完封、後半は決定機も与えなかった。梅崎、高木、駒井と投入。交代した選手もそれなりの見せ場を作ってくれた。現状のJ1での戦い方は浦和が頭抜けている印象を受ける一戦でした。

|

« 速報仙台戦 | トップページ | 速報名古屋戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報川崎戦:

« 速報仙台戦 | トップページ | 速報名古屋戦 »