« テスト | トップページ | 速報仙台戦 »

2016年4月10日 (日)

速報横浜線

ACLでは広州恒大に競り勝ち、リーグ戦でも好調な横浜に勝ち一気に波に乗りたいところです。
スタメンは、
FW-興梠
MF-武藤、李、宇賀神、関根、柏木、阿部
DF-槙野、遠藤、森脇
GK-西川
サブは、大谷、那須、青木、梅崎、駒井、石原、高木。疲労の蓄積が心配された柏木はスタメン、ズラタンはベンチ外。リーグ戦でのスタメンでの戦いとなる。主審は松尾。
前半、立ち上がりは浦和は武藤が横浜のDFラインの裏に2度ほど抜け出し、チャンスを作る。しかし、これをきっかけに横浜は引いてしまい、甲府戦と替わり映えしない試合展開となる。
横浜はきっちりと2ラインをしき、サイドでも浦和に数的優位を作らせない。浦和は中央からのコンビネーションからの突破を図るが、そこは横浜には研究しつくされている感じで、決定的な場面はつくれない。守備についていれば、集中しており危ない場面はない。中村のFKも要注意でしたが、中村のシュート範囲内ではファアルうを犯すこともなかった。
後半、横浜はカイケ、マルティノスの攻めは迫力不足。一度、遠藤に裏に抜け出されるが西川が難なくセーブ。
柏木はやはりコンディション不良で青木と交代。宇賀神→梅崎、武藤→駒井で局面の打開を図るが、惜しい場面は、青木とミドル」と関根のカットインからのシュートがあったくらいでした。やはり結果的のは横浜の守備が堅かったということで。スコアレスドローはやむを得ない結果でしょうな。

|

« テスト | トップページ | 速報仙台戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報横浜線:

« テスト | トップページ | 速報仙台戦 »