« 速報天皇杯G大阪戦 | トップページ | モプログ変更 »

2016年1月 5日 (火)

最後の携帯乞食?

iPhone5sに変えて、約二年が経ちそろそろ買い替えの時期が近づいて来ました。前回は家族でソフトバンクに乗り換えで、一括0円でキャッシュバックも4台で80000円をポイントでもらいました。
今回は、何でも総務省の指示でスマホの一括ゼロ円とか、キャッシュバックが無くなってしまうとの事で様子を見にヤマダ、コジマといったのですが、どちらもスマホコーナーは接客で手一杯で条件さえ聞けない、と言う状態で、やっぱり総務省の指示は本当でスマホの乗換は今なのかという予想がたちました。
しょうがない近くのauショップはまだ空いていたので、条件を聞いてみました。iPhoneでのソフトバンクからの乗換ですと、6は在庫がないので、案内するのは最新の6sということでした。16Gでは容量が足りないので、64Gを家族4台で乗換した場合の条件を聞きました。条件は何か複雑でどういう割引が入るのか理解不能、でも5sを下取りに出すとのとスマートバリュー割引が必要のにでインターネットをBフレッツからauに切り替えが条件ということですと、購入時支払いはゼロで、毎月の使用料金も、1年目は一台あたり2000円、2年目は5000円とのこと。この割引もいつまで出せるか分からないとのことで、これは良いと思い家族4台で乗換を決意した次第であります。
しかし、契約後考えたのですが、乗換の手数料がかからないのが3月でもう少し様子を見てみるのも良かったのかなと思いました。勢いに乗って乗換したのですが、乗換手数料が10000円、契約手数料が3000円×2.解約時契約時の使用料金は今までの割引は入らない事を考えると、一台あたり25000円位の費用がかかるのか。そう言えば、2年前コジマで乗換の時はキャッシュバックで80000Pを貰った。今回はキャッシュバックは無しだ。結局携帯会社は乗換の費用でも結構な利益になるわけですね。総務省の指導が行われたとしても、スマホが売れなくなるのはメーカーは痛いが携帯会社にはあまり痛手にはならないのかなあ。こう考えると、こういう噂に踊らされた私はアホな消費者と言えるかも知れませんね。

(追記します)インターネットの契約ですが、光回線をNTTからauに変えても、プロバイダーを変えなければ、メアドとココログのデータは引き継げますとの説明でしたが、確かにそのようですが昨日プロバイダーから新しいログインIDが送られてきたので、説明を聞くとファミリープランなるものを契約する必要ありとの事。メインのログインIDは新しいものになってしまうが、今までのログインIDを子回線というで登録すれば大丈夫とのことで、その登録を承りましたとのこと、手数料もかからないとのことでしたので取り敢えず一安心でした。ただし、ひかりの切り替え工事後のインターネット接続が出来るか、そうバッファローの無線LANを使っているので、それを含めた接続が出来るか非常に不安を残しました。

|

« 速報天皇杯G大阪戦 | トップページ | モプログ変更 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の携帯乞食?:

« 速報天皇杯G大阪戦 | トップページ | モプログ変更 »