« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月22日 (金)

まったり水上温泉旅行

ぐっぐっと群馬旅行券を夏休み旅行用に購入したのですが、つかきれない分があったので、水上温泉へ旅行に来ました。今月いっぱいが使用期限でしたので、近場で勝手知ったる水上温泉へ。
暖冬の影響で雪はないとのことだったが、先週の寒波来襲により、水上は雪が良く降っています。まさか、チェーンをてつけてマイカーで行く訳には行かず、上毛高原駅からシャトルバスで水上温泉まで。
早めにチェックインして、ホテルの窓から雪をみながらまったりしています。雪景色をバックに日本酒を傾けつつ、本でも読んでまったりと過ごします。何にもしない、これが一番贅沢かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月21日 (木)

テスト送信

NTTのBフレッツからauひかりに乗り換えを行いました。工事が終わり、ネットへの接続も簡単でした。PCのネット接続を選択すると、モデムが表示されるので、そこにモデムに書かれているセキリュティコードを入れれば勝手に接続完了。いつも悪戦苦闘するメール設定ですが、これは@niftyでプロバイダーは変えなかった。ファミリープランなるものがあると、提案され利用することに。メールは何もすることなく今までのメアドが使えていた。
上手くいかなかった嫌たなあと心配していましたが、何のことはない、あっけないくらい簡単に終了です。無線LANもauひかりのレンタルサービスは、スマートバリューを使っていれば500円の、レンタル料金がタダになるようですので、今までのバッファローの無線LANも必要なくなり、電話配線のとこも非常にすっきりしました。
手間取ったのは、スマホのメール設定、受信は出来たのですが、送信が出来ず。サポートにiPhoneでの設定の仕方を聞いて、これもまた解決。しかし、自分で理解しながら
やった訳でなく、結果として上手く行った。もう一回やれ、または説明して下さい言われても全く無理でしょうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月17日 (日)

阪神大震災から21年

阪神大震災から、はや21年が過ぎました。東日本大震災は発生してもこの経験は決して風化していません、何故かというと、私自身が阪神大震災の被災者だったからです。。
 何故か、私も神戸には何の縁もゆかりも無かったのですが、リーマンの悲しいサガ。転勤を命じられ、神戸勤務しているさなか地震に遭遇してしまいました。 神戸勤務の間は、全くといっていいほどJには興味はありませんでした。さて、95年1月17日は、3連休明けだったと思います。前々日は、のんびりと吉川カントリーでゴルフをしていました。帰りの中国自動車道で夕焼けの色が、おかしいとかそんな会話をしていました。しかし、あんな地震が襲ってくる予兆なのかなとは、夢にも思いもよりませんでした。
 17日の午前5時46分に地震はやってきました。当時、私は兵庫県伊丹市の社宅に住んでいました。地震が起こった時は、当然寝ていましたが、気がついたのは音でした。ものすごい地鳴りが襲ってきて、その後物凄い揺れに襲われました。伊丹の社宅でしたので、最初は飛行機が墜落したのかなと思いました。その後は、何がなにか全くわからなくなりました。揺れがおさまって、一段落したところで、これは地震だったのだなとようやく気ずきました。
 しかし、しがないリーマンとしては、会社のことが心配でした。テレビを見ると、神戸市内は火事で大変なことになっておるようです。当然電車等の公共機関は止まっていたので、自家用車で神戸を目指しました。まずは、伊丹から南下して湾岸沿いのR43号を目指しました。R43号で武庫川をわたりましたが、R43号は通行不能になり、また北へ下りR2号をめざす。R43号を通行できなくなったのは当然ですよね、だって、そう上を高架で走っている阪神高速が倒壊してしまったから。後で現場を見ましたが、不謹慎ですが笑いしか起きませんでした。だって、誰が高速道路が倒壊することなど、想像できましたか? R2号も西宮を過ぎると、夙川あたりで動かなくなってしまい、一路さらに北へ。六麓荘あたりをとおり(六甲山の麓あたりは岩盤がしっかりしているようで、被害はあまり無かったようです)、なんとか元町のオフィスの到着したのは、3時ごろ。当然オフィスに到着してもやることは、何も無し。当日は、これにて解散。
 それからが、地獄でした。神戸かた大阪方面へ移動できる道路はR2号だけで、そこに神戸を脱出する車が集中。翌日の朝になっても、芦屋川あたり。ガソリンを無くなってきてしまい、どうしよもなく中央分離帯の芝生地帯に車を乗り捨てることに。阪急が、西宮北口まで運転を再開したとのことで、約8キロくらい、歩って2時間くらいの距離を移動する。伊丹の社宅にたどりついたのは、翌日の午後5時でした。

 その教訓として、あのくらいの大地震が起こったら、会社に行くなんてことを考えたら駄目。まずは、家族の安全を確保して、次は地域の方々の安全の確保です。無理して、会社にいっても何もすることはありません。無理して、出勤して2次災害に遭遇する可能性もあります。絶対に無理はしてはいけません。
 また家族とも、災害が起こった時の対応について決めておく必要はありますね。当時は、携帯の出始めで固定電話も通じないが携帯は通じたという事象はおこった。携帯は、比較的楽に連絡とれた記憶がおります。しかし、現在ではそうもいかんでしょう、正月のハッピーニューイヤーで通じなくなってしまうくらいだから。
 とにかく、1社会人として、何をなさなくてはならないか。これを行動の基準にしておくべきです。会社に行くより、地域で災害にあい、救出を求めている人がいたら、まずは救出を最優先するべきです。それと、家族は一番大事にするべきです。あのような大災害が起こったら、絶対に会社なんかに出勤したらダメです。2次災害にあう危険もあるわけですから。実家の母親とは12時間近く連絡がとれず、その時のことは今でも責められます。またあの地震が2時間後だったらと思うとぞっとします。2時間後は通勤で三宮駅周辺にいましたので、まず命は無かったでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 7日 (木)

モプログ変更

モプログの変更を行いました。これは簡単に出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 5日 (火)

最後の携帯乞食?

iPhone5sに変えて、約二年が経ちそろそろ買い替えの時期が近づいて来ました。前回は家族でソフトバンクに乗り換えで、一括0円でキャッシュバックも4台で80000円をポイントでもらいました。
今回は、何でも総務省の指示でスマホの一括ゼロ円とか、キャッシュバックが無くなってしまうとの事で様子を見にヤマダ、コジマといったのですが、どちらもスマホコーナーは接客で手一杯で条件さえ聞けない、と言う状態で、やっぱり総務省の指示は本当でスマホの乗換は今なのかという予想がたちました。
しょうがない近くのauショップはまだ空いていたので、条件を聞いてみました。iPhoneでのソフトバンクからの乗換ですと、6は在庫がないので、案内するのは最新の6sということでした。16Gでは容量が足りないので、64Gを家族4台で乗換した場合の条件を聞きました。条件は何か複雑でどういう割引が入るのか理解不能、でも5sを下取りに出すとのとスマートバリュー割引が必要のにでインターネットをBフレッツからauに切り替えが条件ということですと、購入時支払いはゼロで、毎月の使用料金も、1年目は一台あたり2000円、2年目は5000円とのこと。この割引もいつまで出せるか分からないとのことで、これは良いと思い家族4台で乗換を決意した次第であります。
しかし、契約後考えたのですが、乗換の手数料がかからないのが3月でもう少し様子を見てみるのも良かったのかなと思いました。勢いに乗って乗換したのですが、乗換手数料が10000円、契約手数料が3000円×2.解約時契約時の使用料金は今までの割引は入らない事を考えると、一台あたり25000円位の費用がかかるのか。そう言えば、2年前コジマで乗換の時はキャッシュバックで80000Pを貰った。今回はキャッシュバックは無しだ。結局携帯会社は乗換の費用でも結構な利益になるわけですね。総務省の指導が行われたとしても、スマホが売れなくなるのはメーカーは痛いが携帯会社にはあまり痛手にはならないのかなあ。こう考えると、こういう噂に踊らされた私はアホな消費者と言えるかも知れませんね。

(追記します)インターネットの契約ですが、光回線をNTTからauに変えても、プロバイダーを変えなければ、メアドとココログのデータは引き継げますとの説明でしたが、確かにそのようですが昨日プロバイダーから新しいログインIDが送られてきたので、説明を聞くとファミリープランなるものを契約する必要ありとの事。メインのログインIDは新しいものになってしまうが、今までのログインIDを子回線というで登録すれば大丈夫とのことで、その登録を承りましたとのこと、手数料もかからないとのことでしたので取り敢えず一安心でした。ただし、ひかりの切り替え工事後のインターネット接続が出来るか、そうバッファローの無線LANを使っているので、それを含めた接続が出来るか非常に不安を残しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

速報天皇杯G大阪戦

やっぱり正月早々に今年もうんこレッズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »