« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月29日 (日)

2015シーズンを振り返って

結局、何にも変わらなかった。期待させて、肝心なところでは勝てずに失望感だけ残す。それが、ミシャ仕様だと言ってしまえばしょうがないが、果たしてこれでいいものなのか?ミシャの監督としての評価もこれで固まってしまった。
ロスタイムの武藤のヘッドが決まったら、丹羽のバックパスがオウンゴールになったら、たらればを言ったらキリがないが、しかし後味の悪さを決定つけた3失点目、槙野が上がってしまい、パトリックの本来のマーク役がいないなかで、本来であれば柏木がケアしなければいけない場面で、いとも簡単に裏を取られてしまった。闘利王と啓太のコンビではこういうことは無かったと思います。
確かに柏木がボランチに入り、ボールの差配を握り浦和の攻撃のバリエーションが増えたことは確か、代表にも呼ばれたのだから、それに対してとやかく言うつもりはありません。しかし、やらねばならないことをやっていない。これが最終的にはこういう結果を生んでしまうのではないでしょうか?
来年もミシャ体制が継続するようですが、こういう側面を来年払拭できるの?「監督に森保を呼んで来いよ!」昨日、痛烈なヤジが飛んでいた。どうなんだろうね、来年は変わることができるのだろうかね。大いに不安をかかえつつ今年は・・・、まだ終わらない。天皇杯で意地を見せてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月28日 (土)

速報G大阪戦

CSの準決勝、レギュレーションはPKまで行って決着をつける。J25昇格争いと違いリーグ戦ての戦績は一切考慮されない。浦和からすれば、ちときつい。
スタメンは、
FWー李
MFー武藤、梅崎、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、永田、橋本、青木、平川、高木、ズラタン。那須、森脇はスタメン復帰、興梠は残念ながらメンバー外。主審は松尾。
前半、浦和のボール回しは悪くない。ただし、微妙にタイミングが狂う。前節神戸はバイタルの守備がスカスカだったが、G大阪の守備はちと違う。タイミングが微妙に狂う。
それでも浦和は藤春狙いのように、関根がさかんに一対一を仕掛け、CKを取るが得点には結びつかず。守備はG大阪のカウンターを警戒、特にパトリック、宇佐美は完全に封じる。
後半、立ち上がりビルドアップでミス、繫がれ今野にゴールを決められる。ミシャは、ズラタン、青木→那須、梅崎の2枚替えに出る。
ズラタンのキープ力を生かし攻撃に出る。ヘッドがクロスバーに当たったところをズラタンが押し込んで同点。
サイドから際どい場面をつかむが、ゴールは奪えず。前の三人の距離感が悪い。
延長戦に入っても局面は変わらず。浦和が攻めて、G大阪はカウンターを狙う展開。バックパスがゴールポストに当たり、オウンゴール寸前からカウンターをくらい、ジエンド。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月22日 (日)

速報神戸戦

最終節を前に怪我人続出、メンバーぐりは厳しいがCSを前にきっちりと勝っておきたいところで。
スタメンは、
FWー李
MFー武藤、高木、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、永田、加賀
GKー西川
サブは、大谷、橋本、啓太、青木、平川、梅崎、ズラタン。興梠、森脇、那須、岡本は怪我で欠場。バックラインの安定が今日のポイント。主審は高山。
前半、浦和の気迫がすばらしかった。柏木のミスした後のボール奪取、西川のイエロー覚悟のチャージ(レッドでなくてよかったが)、浦和は気迫で完全に神戸を上回る。浦和の気迫に押されるように神戸はミスを犯し、浦和はそこを見逃がなかった。
先制点は、右からのクロスをクリアしそこない、ゴール前に転がったボールを武藤がごっちゃんゴール。2点目もクロスしそこないのボールが高木にこぼれ、高木ドリブルから李へのスルーパスが通って李が落ち着いて決める。
神戸は、前線からプレスかけてくるがボランチの脇がガラガラ、そこを西川、永田のパスが面白いように通る。永田→宇賀神で勝負あり、槙野にスルーパスが通り、最後はゴール前でフリーの柏木がゴール。
石津のガムシャラシュートに失点するが、西川中心にしゅびは安定していた。
後半、高木→ズラタン交代、前の三人を中心にパスが回る。スペースにボールが出るようになり、ダイレクトプレーと相まって、浦和の新しい一面が出ていたような。
ただ、こういう試合でも期待に違わずやらかしてくれたのが永田、うっかりミスというか何でもないミスで神戸に得点を献上、嫌なムードが漂う。武藤→青木に交代。更に加賀が足を痛めて梅崎と交代。交代はこれで終了、啓太の出番は無くなってしまった。
しかし、神戸のミスを拾い前線に駆け上がった青木がゴール。また交代で入った梅崎が追加点、止めを刺しました。最後は関根が足が攣り、1人少ない状態となりましたが、逃げ切る新しい浦和の姿か垣間見れたような試合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 7日 (土)

速報川崎戦

リーグ戦も残り2試合だか、日程も空いており久しぶりの埼スタでの一戦。
スタメンは
FWーズラタン
MFー武藤、興梠、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、那須、岡本
GKー西川
サブは、大谷、加賀、青木、平川、梅崎、高木、李。森脇はサスペンションで出場停止、那須の故障も噂されたが、結局は森脇のポジションに岡本が入り最小限の入れ替えとなる。主審は村上。
前半、川崎は2トップなんだろうが、中村が最前線におり、ファアリベロという感じだか、そのまま柏木の監視役にもなっているのか。
浦和はポゼッションでは川崎を圧倒する。とにかくズラタンのキープ力は半端ない。ズラタンがさばいてサイドに展開、ズラタン起点にワンタッチのパス回しでゴールに迫る。
浦和は決定機が何度かあったが決めきれない。縦ポンで興梠が相手DFに競り勝ち、出てくるGKをループシュートでかわして浦和が先制。その後も、武藤に決定機あるが決めきれない。
浦和のバイタルでのマークがゆるくなった隙を突かれてミドルを決められ同点に追いついつかれる。
後半、攻めは悪くはないんだが…いかんさんゴールならず。残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 3日 (火)

家電製品の寿命

洗濯機の入れ替えにより、我が家の家電製品の購入履歴を調べてみました。

冷蔵庫→2002/02 →2013/02
LDKクーラー→2003/01
プリンター→2004/12→2013/02
食洗機→2006/01→2014/09
洗濯機→2006/07 →2015/10
ウォシュレット→2006/08→2015/10
ドアホン→2006/09
掃除機→2006/11→2014/12
レグザTV37→2007/06
レグザTV20→2007/06
DVDレコーダー→2007/06
パソコン→2008/08→2015/08
風呂給湯器→2011/01
FAX→2011/07
BDレコーダー→2012/06
寝室クーラー→2012/06
アイロン→2006/1→2013/01
オーブンレンジ→2013/12/27
ガスコンロ→2014/08

調べてみて改めて家電製品の寿命の長さに関心しました。新しい製品が出ても、画期的な商品なんて最近はないわけで、それなら壊れるまで使い続ける。こんな感じですと、メーカーも売上が上がらず大変なわけですね。
テレビなんか、昔ブラウン管テレビだど外れに当たると3年くらいで壊れてしまう、だが液晶テレビに買い替えて、8年ですが全然問題なし、壊れる素振りすらない。4kに買い替えようと言う気持ちも湧いて来ない。
LDKのクーラーなんて12年も使っている。電気消費量がかなり違うから新しいのに買い替えしたほうが良いという意見もありますがクーラーも壊れるまで使い続けよう。ただ最近、冬場の寒いに使うと霜取りになってしまいやうをなさない事も多くなってきた。
PCもこうですな。3年もすると、HDDが壊れてしまい使えなくなってしまうが、今回は7年もったが、まだ十分に使えたが、コジマのセールで安いものがあり、ポイントもあったので思わず買ってしまった。
製品の性能が上がると、なかなか壊れない、かといって画期的な新商品が出てくるわけでなく、家電製品メーカーも大変なわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »