« 速報神戸戦 | トップページ | 2015シーズンを振り返って »

2015年11月28日 (土)

速報G大阪戦

CSの準決勝、レギュレーションはPKまで行って決着をつける。J25昇格争いと違いリーグ戦ての戦績は一切考慮されない。浦和からすれば、ちときつい。
スタメンは、
FWー李
MFー武藤、梅崎、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、永田、橋本、青木、平川、高木、ズラタン。那須、森脇はスタメン復帰、興梠は残念ながらメンバー外。主審は松尾。
前半、浦和のボール回しは悪くない。ただし、微妙にタイミングが狂う。前節神戸はバイタルの守備がスカスカだったが、G大阪の守備はちと違う。タイミングが微妙に狂う。
それでも浦和は藤春狙いのように、関根がさかんに一対一を仕掛け、CKを取るが得点には結びつかず。守備はG大阪のカウンターを警戒、特にパトリック、宇佐美は完全に封じる。
後半、立ち上がりビルドアップでミス、繫がれ今野にゴールを決められる。ミシャは、ズラタン、青木→那須、梅崎の2枚替えに出る。
ズラタンのキープ力を生かし攻撃に出る。ヘッドがクロスバーに当たったところをズラタンが押し込んで同点。
サイドから際どい場面をつかむが、ゴールは奪えず。前の三人の距離感が悪い。
延長戦に入っても局面は変わらず。浦和が攻めて、G大阪はカウンターを狙う展開。バックパスがゴールポストに当たり、オウンゴール寸前からカウンターをくらい、ジエンド。

|

« 速報神戸戦 | トップページ | 2015シーズンを振り返って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報G大阪戦:

« 速報神戸戦 | トップページ | 2015シーズンを振り返って »