« 速報G大阪戦 | トップページ | 速報天皇杯神戸戦 »

2015年11月29日 (日)

2015シーズンを振り返って

結局、何にも変わらなかった。期待させて、肝心なところでは勝てずに失望感だけ残す。それが、ミシャ仕様だと言ってしまえばしょうがないが、果たしてこれでいいものなのか?ミシャの監督としての評価もこれで固まってしまった。
ロスタイムの武藤のヘッドが決まったら、丹羽のバックパスがオウンゴールになったら、たらればを言ったらキリがないが、しかし後味の悪さを決定つけた3失点目、槙野が上がってしまい、パトリックの本来のマーク役がいないなかで、本来であれば柏木がケアしなければいけない場面で、いとも簡単に裏を取られてしまった。闘利王と啓太のコンビではこういうことは無かったと思います。
確かに柏木がボランチに入り、ボールの差配を握り浦和の攻撃のバリエーションが増えたことは確か、代表にも呼ばれたのだから、それに対してとやかく言うつもりはありません。しかし、やらねばならないことをやっていない。これが最終的にはこういう結果を生んでしまうのではないでしょうか?
来年もミシャ体制が継続するようですが、こういう側面を来年払拭できるの?「監督に森保を呼んで来いよ!」昨日、痛烈なヤジが飛んでいた。どうなんだろうね、来年は変わることができるのだろうかね。大いに不安をかかえつつ今年は・・・、まだ終わらない。天皇杯で意地を見せてほしい。

|

« 速報G大阪戦 | トップページ | 速報天皇杯神戸戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015シーズンを振り返って:

« 速報G大阪戦 | トップページ | 速報天皇杯神戸戦 »