« 速報鹿島戦 | トップページ | ウォシュレット設置 »

2015年10月 3日 (土)

速報鳥栖戦

残り5試合、これからは日程も空いてくるので疲労とかとは関係無くなると思われるが、終盤失速がお家芸の浦和今年はどうなるのか?
スタメンは、
FWー興梠
MFー武藤、梅崎、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、永田、平川、橋本、青木、高木、ズラタン。DF陣が戻ってきて、メンバーはいつものフォーメーションに戻る。主審は扇谷。
前半、鳥栖は豊田がベンチスタート、5バックと4人の2ラインで守備。前からさして強く当たって来るわけでなく、浦和はやすやすとビルドアップ。柏木に対する守備はゆるゆる。
浦和は柏木経由でボールを散らして攻撃、サイドから攻めるが鳥栖は中を固めてシュートがなかなか打てない。武藤の撃ったシュートが興梠の足元にこぼれて、興梠は前節に続きごっちゃんゴール。
その後浦和はボールを支配してゲームをコントロールしていたが、宇賀神の軽い守備から失点、なかば前半へあまり攻める気がない得点をプレゼントしてしまいたしたな。
後半、浦和はボールをキープするが中を固める鳥栖の守備を崩せないズラタン、青木の交代もあまり効果なし。
左サイドの軽い守備で入れ替わられ西川と1vs1になるが西川がビッグセーブ。
最後は高木投入の特攻もかいなし。試合終了後、ピッチに倒れこむ鳥栖の選手多数に比べ、余裕を残しての引き分け。

|

« 速報鹿島戦 | トップページ | ウォシュレット設置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報鳥栖戦:

« 速報鹿島戦 | トップページ | ウォシュレット設置 »