« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月25日 (日)

洗濯機を購入する

確か2006年のコジマのオープンセールで日立のビートウォッシュに買い替えましたが、さすがに10年目にはいる、WWEのブロック・レズナーばりのF3なるエラーに遭遇して、洗濯機がうんともすんとも言わなくなってしまいました。
 ネットで調べてみると、サーミスタの故障で、部品は700円程度で売っているそうですが、交換方法を調べてみると、洗濯機の裏の蓋を開けて配線を含めて交換するようなのです。これはさすがに自分では交換できないと思い、日立のサービスセンターに連絡すると、「修理にいくら必要なのかの出張で5000円、おそらくF3の交渉修理ですと、すべて込みで25000円くらいになるのでは」とのこと。これで買い替えを決意しました。
 日立のビートウォッシュは使い勝手が良かったので、またビートウォッシュで、10年前の縦型の機種でしたが一応乾燥機能がついていましたが、乾燥機能は全く使っていないので単純な洗濯機能のものだけ、ドラム式もいいのですがおそらく値段が倍以上、そして出し入れの時にかがまなくてはならいので、腰痛もちには大変そうなので、ビートウォッシュのBW-8WVに的を絞り、ヤマダ、ノジマ、ケーズ、でんきち、コジマと回ってきました。
 まずは、最近オープンしたヤマダに行きました。接客に来た若手店員さすがにオープン間近ということもあり、売ろうという気迫が伝わってきました。出て来た条件は、本体94000円のリサイクル料3024円にポイント4500P還元とのこと。ポイントを勘案すると、本体90000円のリサクル料なのかという目安がわかりました。上司に相談すればもう少し安く出来るということ、更に在庫はあるので翌日配送可能とのこと。
 次に、ノジマに行くと接客は若手の女性店員で、ヤマダの条件と希望を伝えると、本体90000円、リサイクル料3024円、在庫もありとのこと。決めようとしましたが、一応ほかも回ってみることに。
 ケーズは、店員がいなくて、声をかけて洗濯機専門のスタッフを呼ぶのですが、他に洗濯機で接客しているのはないのにもかかわらず5分以上待たされる。この時点で駄目ですね。出てきた店員も清潔感のないオイモ店員、ノジマの条件を伝えると見積書なないのかと言いやがる。ケーズで買い物する機会は今後ありえないでしょうね。価格競争はしない、言い値で買ってくれる人に売っていればよい。
 でんきち・コジマとも、ノジマと条件同じでポイントつけるとのことでしたが、在庫がなく配送には1週間かかるのでアウト。
 最後にヤマダに電話し、駄目ならノジマにしようと思い、ヤマダに電話すると、本体税込み85000円、リサイクル3024円、5年保証、ポイント4500ポイントつけますとのこと。この条件は、ネットは本体価格はもっと安いが、設置・配送料、長期保証料は別途かかってくるので、ポイントまで勘案すると最安値ではないでしょうか。うちの近くには、エイディオンもあるし、大宮駅にはビックカメラ、新都心にはヨドバシカメラもあるわけで、、家電の過当競争は大変ですね。勝ち組と思われたヤマダも経営厳しくなっているわけで、結局差別化図るには価格しかないのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報瓦斯戦

結果的には馬鹿試合になってしまいましたが、選手達の気合はひしひしと伝わってきました。ただ馬鹿試合になってしまったのは、ミシャの理解不能な選手交代のため、ややこしい試合展開となってしまいました。
スタメンは
FWーズラタン
MFー武藤、興梠、宇賀持、関根、阿部、柏木
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、永田、平川、青木、梅崎、高木、李。メンバー的には、李が復帰しました。
前半、ピッリとしない瓦斯を序盤から圧倒、槙野から前線の宇賀神へロングパス。宇賀神のクロスに対して浦和の中への攻め上がりがまだと言う状況でしたので、瓦斯のGKは慌てる必要はないのだが、GKの中途半端なクリアは駆け上がった柏木の目の前にこぼれる、柏木はこれを見逃すはずもなく浦和が先制。
その後も柏木の攻め上がりからなスルーパスが瓦斯のDF陣の裏にコロコロ、武藤に渡り武藤は見事なコントロールショットで追加点。瓦斯に左サイドを崩され西川もニアをぶっこぬかれる。しかし、武藤からサイドの関根へ、関根のシュートは瓦斯DFにブロックされるが、跳ね返りを関根が決める。
後半、槙野→武藤→ズラタン→槙野の美しい崩しで、4ー1で試合は決まりなのですが、その後のみしゃの選手交代がまずい。想定される大田のクロスに対して、関根→平川で守備を固めるのはわかりますが、ズラタン→李どうなんですか。あれだけボールを前線でキープしていたズラタンを下げるのは?でしたね。、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

ウォシュレット設置

2006年に設置したウォシュレットがとうとう、うんともすんとも言わなくなってしまいました。9年半、よくもったものです。
電気屋とネットで比較すると5000円くらいの差がある。Amazonか、ノジマオンラインが安そうなのですが、ノジマオンラインは翌日に配送可能とのことでノジマオンラインに昨日注文、今朝の9時過ぎに到着、便利になったものです。
そこから設置にかかったわけですが、ナショナルからナショナルへの買い替えなので、特に設置にじかはかからないと思っていましたが、止水栓の設置が新しいウォシュレットのものでは取り付け出来ない。良く取説を見ると、ネジのサイズが昔のものに比べると小さくなっており、別売の止水栓を買わねばならない?
今までの止水栓を流用することとできそうなのですが、止水キャプを買わねばならないようです。セキチューに行ってみるとありました。

ウォシュレット設置

カクダイの止水キャップで248円、右のネジに志水キャップをねじ込めばよい。サイズもぴったりでアッ問う言う間に終了。左側が今までの止水栓でそれを取り付けて設置完了。

ウォシュレット設置

一応念のために、水漏れ確認のため止水栓の下にバケツをおいてしばらく様子をみてみます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

速報鳥栖戦

残り5試合、これからは日程も空いてくるので疲労とかとは関係無くなると思われるが、終盤失速がお家芸の浦和今年はどうなるのか?
スタメンは、
FWー興梠
MFー武藤、梅崎、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、永田、平川、橋本、青木、高木、ズラタン。DF陣が戻ってきて、メンバーはいつものフォーメーションに戻る。主審は扇谷。
前半、鳥栖は豊田がベンチスタート、5バックと4人の2ラインで守備。前からさして強く当たって来るわけでなく、浦和はやすやすとビルドアップ。柏木に対する守備はゆるゆる。
浦和は柏木経由でボールを散らして攻撃、サイドから攻めるが鳥栖は中を固めてシュートがなかなか打てない。武藤の撃ったシュートが興梠の足元にこぼれて、興梠は前節に続きごっちゃんゴール。
その後浦和はボールを支配してゲームをコントロールしていたが、宇賀神の軽い守備から失点、なかば前半へあまり攻める気がない得点をプレゼントしてしまいたしたな。
後半、浦和はボールをキープするが中を固める鳥栖の守備を崩せないズラタン、青木の交代もあまり効果なし。
左サイドの軽い守備で入れ替わられ西川と1vs1になるが西川がビッグセーブ。
最後は高木投入の特攻もかいなし。試合終了後、ピッチに倒れこむ鳥栖の選手多数に比べ、余裕を残しての引き分け。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »