« 浴室タイル目地を補修した | トップページ | 速報鳥栖戦 »

2015年9月26日 (土)

速報鹿島戦





全ての闘いの中でも一番燃えるアウェイ鹿島戦。鹿島はセレーゾ監督を解任してから好調、タビが復帰して来たのも厄介なところ。
スタメンは
FWー興梠
MFー梅崎、高木、武藤、関根
アンカーー柏木
DFー宇賀神、槙野、阿部、森脇
GKー西川
サブは、大谷、永田、青木、橋本、平川、李、ズラタン。那須が出場停止のため、柏木アンカーの4バックは清水には通用したが鹿島にはどうなるか?主審は西村。
前半、柏木には柴崎、小笠原がマークについて浦和はビルドアップが思うに任せない。逆サイドを狙ったロングパスが多くなる。
カイオに右サイドを抜け出され遠藤に合わされ、早々と失点浦和も左サイドからの崩しから高木が決めて浦和もすぐに同点に追いつく。
アンカーの柏木にしっかりマークがついて思うような攻めが出来ない。ミスからゴール前の混戦に持ち込まれて、二度ゴールネットを揺らされらがファウルとオフサイドで救われる。森脇がダビィにつかざるをえなく、カイオと関根のマッチアップになると浦和は厳しい。浦和は攻めの活路を見いだせないまま前半終了。
後半、ミシャは高木、梅崎→ズラタン、青木のカードを切って来る。これにより柏木にボールが集まるようになる。
ただし、攻めでは鹿島の方が一枚うえ、際立つシュートが飛ぶが、西川が活躍。そうこうしているうちに、曽ヶ端がやらかし、そこにつめた興梠が確実にゴールゲット。その直後、西川がやらかし損なうが、鹿島のシュートは浦和ゴールラインを横切る。その後は、西川を中心にした守備で鹿島の攻撃をシャットアウト。痛快な勝利であった。

|

« 浴室タイル目地を補修した | トップページ | 速報鳥栖戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報鹿島戦:

« 浴室タイル目地を補修した | トップページ | 速報鳥栖戦 »