« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月26日 (土)

速報鹿島戦





全ての闘いの中でも一番燃えるアウェイ鹿島戦。鹿島はセレーゾ監督を解任してから好調、タビが復帰して来たのも厄介なところ。
スタメンは
FWー興梠
MFー梅崎、高木、武藤、関根
アンカーー柏木
DFー宇賀神、槙野、阿部、森脇
GKー西川
サブは、大谷、永田、青木、橋本、平川、李、ズラタン。那須が出場停止のため、柏木アンカーの4バックは清水には通用したが鹿島にはどうなるか?主審は西村。
前半、柏木には柴崎、小笠原がマークについて浦和はビルドアップが思うに任せない。逆サイドを狙ったロングパスが多くなる。
カイオに右サイドを抜け出され遠藤に合わされ、早々と失点浦和も左サイドからの崩しから高木が決めて浦和もすぐに同点に追いつく。
アンカーの柏木にしっかりマークがついて思うような攻めが出来ない。ミスからゴール前の混戦に持ち込まれて、二度ゴールネットを揺らされらがファウルとオフサイドで救われる。森脇がダビィにつかざるをえなく、カイオと関根のマッチアップになると浦和は厳しい。浦和は攻めの活路を見いだせないまま前半終了。
後半、ミシャは高木、梅崎→ズラタン、青木のカードを切って来る。これにより柏木にボールが集まるようになる。
ただし、攻めでは鹿島の方が一枚うえ、際立つシュートが飛ぶが、西川が活躍。そうこうしているうちに、曽ヶ端がやらかし、そこにつめた興梠が確実にゴールゲット。その直後、西川がやらかし損なうが、鹿島のシュートは浦和ゴールラインを横切る。その後は、西川を中心にした守備で鹿島の攻撃をシャットアウト。痛快な勝利であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

浴室タイル目地を補修した

我が家のマンションも購入して、かれこれ20年超経過したため、いろいろなところに不具合がしょうじてきました。浴室のタイル目地が減ってタイルがかけてしまうところまではいっていないものの、自分で補修を行ってみました。
Dscf6072_2
まずは、ホームセンターでタイルの目地材1kg、ゴムべら、百均でゴム手袋、ボウル、そしてプラスッチクのスプーンを用意しました。
①作業開始
まずは、ボウルで目地材を練るところから、少し緩めのほうが後の作業がしやすいと思い、水は一番多めに混ぜました。それでも、まだこねるには結構力がいりました。
Dscf6075
これを、めじの間にゴムべらを使って練りこんでいくわけです。最初のうちは丁寧に時間をかけて塗り込んでいきましたが、だんだんと粗雑になってくる。それと後半になると、目地材だ少し硬化を始めてきましたので、それもあったかもしれないですね。約1時間かけて塗り込みが完了しました。
Dscf6076
ここからが、大変でした。タイルについた目地材の磨き上げです。硬くならないうちに吹き上げをしなければなりません。最初のうちは、タオルでタイルを一枚一枚ふいていましたが、それでは作業効率がわるい、そしてそのうちに同じ姿勢での作業に私の、ふくらはぎが悲鳴をあげてきました。最初の作業開始から約4時間が限界、その後何とか頑張って30分続けて一応吹き上げを完了しましたが、最初と最後の作業にはえらい差が出てしましました。うまく吹き上げ出来なかったところは、後で激落ちスポンジでも使って仕上げるしなないですね。
②作業後
作業後はこんな感じに仕上がりました。
Dscf6077
良くみると目地からはみ出ている部分もありますが、素人の日曜大工としてはまあまあの出来かな。
しかし、とにかく疲れました。ふくらはぎがパンパンです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年9月19日 (土)

速報清水戦

相性の良いアウエーエコパでの清水戦、槙野が出場停止。事前の予想では永田が代わりに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月11日 (金)

速報柏戦

柏のACLに配慮して何故か金曜日開催になってしまった柏戦、柏はACL第1戦大負けで日程変更の必要はどうだかなと言う感じです。
スタメンは
FWー興梠
MFー武藤、梅崎、宇賀神、関根、阿部、柏木
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、永田、青木、橋本、平川、高木、李。槙野が復帰、興梠、西川も帰ってくる。主審は木村。
前半、浦和が良い感じでボールをキープする。梅崎が切れていてゴールに、正体してボールを受ける機会が多い。サイドは関根の右サイドから攻める。
興梠がGKとワンオンワンに二度なるが、菅野にセーブされる。無理な体勢からの縦パスもなく、前半終了間際にCKからが唯一のピンチ。
後半、攻めのかたちは良いがいかんせん浦和のシュートは菅野を狙って撃っているのかと思える程、GK目がけて飛んでいく。
興梠、武藤を下げて、李、青木投入。柏木を一列上げて、李のボールキープするが局面は好転せず。ミシャは3枚目のカードで高木を切る。高木が放ったシュートは菅野向けた飛んだが、剥がれ芝生にイレギュラーしてゴールイン。なかなかとれなかった高木がこんなかたちで初ゴールをあげるのも皮肉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

速報ナビ新潟戦

秋と共にチームコンデションを崩しでしまう浦和、今年も例年通りの様相と言うか例年よりも早い時期だし、結果もはや酷い。代表に主力を取られてしまっているからしょうがないと言えばしょうがない。
スタメンは
FWー武藤
MFー高木、梅崎、宇賀神、関根、柏木、青木
DFー阿部、那須、森脇
GKー大谷
サブは、福島、永田、岡本、橋本、啓太、平川、李。ゼロトップの布陣、興梠、ズラタンともに不在となると前線の収まり役がいないなってしまう。武藤もワントップやったりボランチやったりと忙しい。主審は松尾。
前半、柏木はシャドー、梅崎WG、阿部ボランチ、宇賀神CB。左からの攻撃中心となるが、前の3人にボールが繋がらない。無理な縦パスを狙わないからだろうが、これでは攻撃のかたちが取れない。
ビルドアップにしても青木の位置取りが悪い。柏木が下がってくるから前の人数が少なくなってしまう。宇賀神、森脇が早々とイエロー、新潟に決定的なシュートを浴びる。無理なボール回しはしていないが内容は低調。
後半、青木→李で柏木ボランチ、これてボールの周りは良くなる。セットプレーから2点ではあるが、3点取る。しかし、第1戦の0-5があまりに痛かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »