« 至仏山へ行ってきた | トップページ | 速報横浜戦 »

2015年8月22日 (土)

速報仙台戦

速報仙台戦

1stステージのしぶとい勝ち方の出来る浦和が戻ってきたか確認したいところですね。
スタメンは
FWー興梠
MFー武藤、梅崎、宇賀神、平川、柏木、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、永田、青木、橋本、ズラタン、李、高木。サスペンションの関根に代わり平川がスタメン。他は前節と変わりない。主審は家本。
前半、仙台は1-4-5でリトリート、2ラインを素早くしいて浦和にスペースを与えない戦略。なかなか縦パスが入らない展開となるが、慌てずにサイドから攻める。
仙台の中途半端な攻めからカウンター、柏木がドリブルで攻め上がり仙台がたまらずゴール前でファール、このFKを柏木が決めて先制。しかしその後が良くない。仙台は野沢→梁にスルーパスが通り、あっさりと同点に追いつかれる。
その後、興梠の決定機があったが決め切れず、柏木詰めたがヘッドはGK
正面。しかし、柏木→梅崎→興梠→武藤と見事にワンタッチパスが通り、武藤が決めて浦和が勝ち越し。仙台は後半に備えてか前から詰めてこない。
後半、仙台は開始から明らかに動きが違いました。後半勝負に出てくる。ただし、仙台の力づくの攻撃は宣告お見通し、落ち着いて対応する。浦和も前の3人で好機を掴むがゴールはならず。
興梠、梅崎→ズラタン、李と交代、CKからズラタンがきめる。この後は守備は集中、仙台のシュートミスにも助けられたが失点は許さず。勝負強い浦和が戻ってきた。

|

« 至仏山へ行ってきた | トップページ | 速報横浜戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報仙台戦:

« 至仏山へ行ってきた | トップページ | 速報横浜戦 »