« 速報新潟戦 | トップページ | 至仏山へ行ってきた »

2015年8月16日 (日)

速報湘南戦

速報湘南戦

1stステージのようなしぶとい勝ちを拾った新潟戦、今日の湘南戦でも同じような戦いができるかがポイントです。
スタメンは、
FWー興梠
MFー武藤、梅崎、宇賀神、関根、阿部、かしわ
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、永田、橋本、青木、高木、李、ズラタン。武藤、興梠が復帰。高木、ズラタンがベンチから。主審は木村。
前半、湘南の前ブレスはそれほどきつくない。前回の対決から前半から行き過ぎると後半持たないことをがてにしている。ただ湘南のDFラインは高く、ラインの裏を狙いたいが運動量が多い湘南だと単純な縦ポンは通じない。
浦和は落ち着いてビルドアップするが、前3人の連携がイマイチ。サイドは関根が起点となって何度か好機を掴むが、これも単発となる、逆に前半終了間際にCKから大ピンチを招くが湘南のヘッドはボストに救われる。
後半、浦和は右サイドの関根からチャンスメイク、しかしゴールは遠い。流れは浦和だか、浦和のミスをついてのショートカウンターは人数をかけてくるから怖い。
右サイドからの攻めでボールがこぼれたところを槙野がしを決めて浦和^が先制。その後、武藤→興梠の絶好機があったが決め切れず。流れは湘南に行くかけたが、集中を切らさずなんとか逃げ切り。

|

« 速報新潟戦 | トップページ | 至仏山へ行ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報湘南戦:

« 速報新潟戦 | トップページ | 至仏山へ行ってきた »