« 京都に行ってきた2015 | トップページ | 速報山形戦 »

2015年7月11日 (土)

速報松本山雅戦

セカンドステージ初戦の松本山雅戦、相手は引いて来るのはわかっているはず落ち着いた試合運びが望まれる。
スタメンは
FWー興梠
MFー梅崎、武藤、宇賀神、関根、阿部、柏木
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、橋本、岡本、青木、李、ズラタン、高木。スタメンはいつも通り。主審は村上。
前半、松本山雅はリベロをおいてあとは徹底したマンツーマン。浦和は徹底してリスク回避、安易な縦パス入れない。後ろでじっくりボール回し、マンツーマンで守備すれば、森脇上がればフリーになる。松本山雅DFは捕まえ切れない。
興梠のポストプレーから阿部→森脇、森脇の狙いすましたクロスを
武藤がヘッドを決めて浦和が先制。先制した浦和は完全に省エネプレー、後ろてボールを回し松本を無駄走りさせる。
後半、松本はマンツーマンは止める。柏木の駆け上がりからのクロスのこぼれ球を興梠が冷静に決める。

その後、松本山雅に攻められるがDFが粘り強く守る。ズラタン、青木、李と交代するが、効果的な交代と言えず。CKからシュートを決められるが、あとはグタグタと守り、セットプレーを除けば危ない場面はなかった。
松本山雅は、CK、ロングスロー頼み、流れの中からは効果的な攻めは出来ないか。

|

« 京都に行ってきた2015 | トップページ | 速報山形戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報松本山雅戦:

« 京都に行ってきた2015 | トップページ | 速報山形戦 »