« 速報山形戦 | トップページ | ノートPCを購入した »

2015年7月19日 (日)

速報広島戦

真夏の連戦、浦和が最も苦手としているパターン。大人の試合運びが出来ている今季の夏はどうなるか。
スタメンは
FWー興梠
MFー高木、武藤、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、永田、森脇
GKー西川
サブは、大谷、啓太、平川、青木、橋本、李、ズラタン。サスペンションの那須に代わり永田、柏戦でやらかした永田が機能するかどうか。高木がリーグ戦初スタメン。主審は吉田。
前半、同じシステムでのミラーゲーム、広島はいつもとおりのカウンター狙いで攻めて来ない。その辺は浦和も織り込みすみで、決して無理な縦パスは入れて来ない。
浦和は、興梠、宇賀神と決定機を掴むがゴールは奪えない。その後、高木の突っ込みでPKえるが、高木は自ら奪ったひを蹴るわかだが、魅入られようにGKの方向に蹴ってしまい失敗。
浦和は左サイドからの攻めのボールが逆サイドな関根まで抜けるが関根のシュートはDFにあたりゴールイン。持っている者と持っていない者の差ですな。その後も、攻めて来ない広島を尻目に、決定機を作るが決めきれず。
後半、山ほどあった決定機決めきれず。広島は佐藤→浅野でペースが変わった。浅野スピードについて行けず。浅野絡みで2失点。決めるべきところを決めきれず選手交代でペースを変えられてしまう。負ける時はこんなもの。

|

« 速報山形戦 | トップページ | ノートPCを購入した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報広島戦:

« 速報山形戦 | トップページ | ノートPCを購入した »