« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月29日 (水)

速報甲府戦

2ndステージでは、結果が出ていない。夏の暑さと相まって浦和には辛いシーズン。
スタメンは、
FWー興梠
MFー武藤、高木、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、那須、岡本
GKー西川
サブは、大谷、永田、橋本、青木、梅崎、李、ズラタン。前節レッドをくらった森脇に代わり岡本がスタメン。主審は扇谷。
前半、慌てずにボールを繋いでいく。リスクは余り取らない戦法か。サイドからの攻撃が多い。
甲府は肝心のバレーにボールが渡らない。浦和は高木がドリブル突破しミドルを放つが、クロスバー直撃。本当に高木は持っていない。扇谷はファールを取らない。しかし、合わせ技のように、岡本へのチャージをPK、微妙な判定だが阿部がPKを確実に決める。前半は完全に安全運転。
後半、高木、武藤と決定機あるが決まらない。興梠の最大の決定機もGKセーブと思ったら、電光石火のカウンターで追いつかれてしまう。
柏木下げての武藤のボランチもどうなの?ミシャの選手交代も効果なし。ズラタン入れると前の選手の動きが無くなるのは何故。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月25日 (土)

速報名古屋戦

開幕からの負け無しが前節切れてしまったが、今日の試合な持つ意味は大きい。
スタメンは
FWー興梠
MFー武藤、高木、宇賀神、関根、阿部、柏木
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、永田、青木、橋本、梅崎、李、ズラタン。名古屋は闘莉王が前節退場で出場停止。高木は前節に続いてスタメン。
前半、浦和がボール支配し、前節の負けによる影響はあまり感じさせない。ボールを繋いでサイドにボールを散らす。柏木が右サイド突破し、クロスが名古屋DFにあたりゴールイン。
しかし、直後のプレーで永井の突破を許してしまい、永井のクロスから川又に決められてしまい、あっさりと同点。そして、また永井の突破を許し、森脇のチャージは一発退場。
浦和は数的不利をあまり感じさせない。
後半に入ると、浦和の方がチャンスはあったと思うが、カウンターから矢野に決められて万事休す。選手交代するも効果的ならず。終了間際の興梠のビッグチャンスを決められず、連敗。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

ノートPCを購入した

 自分用の富士通FMビブロのノートですが、2008年8月購入して以来、7年間ももったのは初めてだなあ。さすがメイド・イン・ジャパンですな。不都合は今のところなしですが、如何せんOSがビスタなので、ちょっとしたとこで不都合が生じてきている。
 何気に、コジマにいってみると東芝ダイナブックのT45の春シリーズが49,800円で特価販売されたいました。CPUはインテルでちょっと弱いかなという印象がありましたが、オフィスはパワボまでついており、メモリー4G、HDDは1TBもありましたので、即決しました。携帯を家族でMNPした時のポイントが、20000ポイント弱余っていましたので、それを充当。おまけにノートンのNISの同時購入バージョンを970円、PCの買取りを定額2000円ということなので、押し入れに眠っていたXPのノートPCを2000円で買い取ってもらいました。海外製のレノボとかアスースなんかよりは安心ですよね。
 これで、我が家にはPCが4台、WIN8が2台、WIN7が1台、ビスタが1台で家族に1台ということになりました。家族1台、ノートPCとiPhone、えらいネット環境充実というか、依存症になる環境は整ってしまいました。
 セットアップも昔から比べると非常に楽になる。引っ越しソフトがあり、外付けHDDにいったんバックアップして、新しいPCにダウンロードすればOK、ノートンのセキュリティー・7ソフトもノートンアカウントにいけば、ライセンキーをいれるだけ、niftyがプロバイダーなのですが、これもアウトルック・エクスプレスにIDとパスワードを入力するだけ、無線LANの接続に苦戦するのですが、これもセキュリティー・ナンバーをいれて難なく終了。リカバリーディスクを作るのにちょっと時間がかかりましか。
 あたらしいPCは厚みがなくなりましたね、スリムになり持ち運びも昔のノートPCよりかは楽、テンキーもキーボードにつているので、数字の入力が楽になるのは良いのですが、昔のキーボードの配列からすると、少し狭く違和感をまだ感じています。エンターキーを押したつもりが、テンキーの7にふれてしまうミスを結構してしまいます。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月19日 (日)

速報広島戦

真夏の連戦、浦和が最も苦手としているパターン。大人の試合運びが出来ている今季の夏はどうなるか。
スタメンは
FWー興梠
MFー高木、武藤、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、永田、森脇
GKー西川
サブは、大谷、啓太、平川、青木、橋本、李、ズラタン。サスペンションの那須に代わり永田、柏戦でやらかした永田が機能するかどうか。高木がリーグ戦初スタメン。主審は吉田。
前半、同じシステムでのミラーゲーム、広島はいつもとおりのカウンター狙いで攻めて来ない。その辺は浦和も織り込みすみで、決して無理な縦パスは入れて来ない。
浦和は、興梠、宇賀神と決定機を掴むがゴールは奪えない。その後、高木の突っ込みでPKえるが、高木は自ら奪ったひを蹴るわかだが、魅入られようにGKの方向に蹴ってしまい失敗。
浦和は左サイドからの攻めのボールが逆サイドな関根まで抜けるが関根のシュートはDFにあたりゴールイン。持っている者と持っていない者の差ですな。その後も、攻めて来ない広島を尻目に、決定機を作るが決めきれず。
後半、山ほどあった決定機決めきれず。広島は佐藤→浅野でペースが変わった。浅野スピードについて行けず。浅野絡みで2失点。決めるべきところを決めきれず選手交代でペースを変えられてしまう。負ける時はこんなもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月15日 (水)

速報山形戦

山形の守備が良かった。勝ち点1は御の字やね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

速報松本山雅戦

セカンドステージ初戦の松本山雅戦、相手は引いて来るのはわかっているはず落ち着いた試合運びが望まれる。
スタメンは
FWー興梠
MFー梅崎、武藤、宇賀神、関根、阿部、柏木
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、橋本、岡本、青木、李、ズラタン、高木。スタメンはいつも通り。主審は村上。
前半、松本山雅はリベロをおいてあとは徹底したマンツーマン。浦和は徹底してリスク回避、安易な縦パス入れない。後ろでじっくりボール回し、マンツーマンで守備すれば、森脇上がればフリーになる。松本山雅DFは捕まえ切れない。
興梠のポストプレーから阿部→森脇、森脇の狙いすましたクロスを
武藤がヘッドを決めて浦和が先制。先制した浦和は完全に省エネプレー、後ろてボールを回し松本を無駄走りさせる。
後半、松本はマンツーマンは止める。柏木の駆け上がりからのクロスのこぼれ球を興梠が冷静に決める。

その後、松本山雅に攻められるがDFが粘り強く守る。ズラタン、青木、李と交代するが、効果的な交代と言えず。CKからシュートを決められるが、あとはグタグタと守り、セットプレーを除けば危ない場面はなかった。
松本山雅は、CK、ロングスロー頼み、流れの中からは効果的な攻めは出来ないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

京都に行ってきた2015

先々週の神戸遠征に続き、京都へ旅行に行って来ました。先々週はLCCを利用した格安ツアーでしたが、今回はJR東海ツアーズの50➕のツアーでの旅となりました。

今回の料金は、都ホテルの本館に朝食付きで、21000円也、ホテルもツインではなくデラックスツインか用意致しましたと、チェックインの時に説明を受けました。

初日は、旅の朝は早いぜよ、東京上野ラインの始発に乗って、東京駅7:00発ののぞみ、京都着は9:17着と言う事で、初日は目一杯時間を使う事が出来る。LCCとはちと違うスケジュールが組めますね。

京都に到着すると、まずはホテルに荷物を預け、東山方面を目指しました。まずは六波羅蜜寺へ行きました。

続いては、清水寺です。坂を登るのは結構辛いものがありましたが、清水寺の舞台からの眺めは最高でしたか。

次は、八坂神社を巡り

知恩院に行って

昼飯を済まし南禅寺へ

そして、哲学の道経由で銀閣寺まで

銀閣寺で完全にガス欠で、非常にしんどかったのですが、最後の力を振り絞って平安神宮まで。

初日の予定は何とか消化出来ました。

翌日は、JR山陰線で嵐山嵯峨野まで、天龍寺を見学し、嵐山の渡月橋周辺を散策して終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »