« 速報鳥栖戦 | トップページ | 速報清水戦 »

2015年6月 3日 (水)

速報柏戦

連戦を考慮してか、浦和はメンバーを変えてくる。ズラタン、梅崎をスタメン、興梠、李はベンチから、出場ていしの那須に代わって永田を起用。主審は松尾。
前半、梅崎がDFラインの裏に抜け出して、浦和がいきなり先制。しかし、柏もレアンドロが西川に果敢にプレスをかけ、西川のパスミスを誘い、ボールを拾った工藤が同点ゴール。
柏はアンカーをDFラインにいれて、浦和の5トップに5バックで対抗。浦和は前の3人にバスが通らない。球際の攻防は激しく、ズラタンは前半途中で興梠に早くも交代。梅崎も傷んでハーフタイムで交代する事になる。
柏は、レアンドロがとったFKからクリスチアーノのシュートのこぼれ球をレアンドロが決めて柏が勝ち越し。浦和の攻撃はしりすぼみ、ミスが多い。柏に再三ブレスをかけられた西川のキックも精度を欠いた。
後半、サイドからチャンスをつくるが、次第にフェードアウト、疲労著しい宇賀神に代わり橋本投入。この早きも3人交代した事が良くなかった。
それでも、CKから槙野のヘッドで同点に追いついつくが、ここで永田が足が攣ってしまい満足に動けなくなってしまう。柏のクロスに永田はついていけず、レアンドロに勝ち越しを許す。興梠、関根も足が止まってしま、ながれは負けパターン。しかし、アデショナルタイムに、関根のクロスを武藤が同点に追いついた。
ミスが多く完全な負け試合であったが、全員一丸となって何とか引き分けに追いついた。

|

« 速報鳥栖戦 | トップページ | 速報清水戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報柏戦:

« 速報鳥栖戦 | トップページ | 速報清水戦 »