« 神戸に行って来た2015 | トップページ | 京都に行ってきた2015 »

2015年6月27日 (土)

速報新潟戦

1stステージ最後の新潟戦.微妙な感じでの戦いです。
スタメンは
FWー興梠
MFー武藤、梅崎、関根、平川、柏木、阿部、
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、岡本、啓太、橋本、李、ズラタン、高木。出場停止の宇賀神に代わり平川が久々のスタメン、青木に代わり啓太がベンチ入り。主審は西村。
前半、新潟は1-4-5の守備ラインを引いて、前からプレスはかけて来ないが、ハーフラインを越えたあたりからプレスをかけてくる。なかなか前への効果的な縦パスが入らない。
新潟は、ラファエルシルバが動きはスロモーに見えるが、スピードが結構ある。一度DFラインの裏に抜け出されるが、西川がビッグセーブ。
浦和は慌てずにボールを回しチャンスを伺う。梅崎がPA内でドリブルで仕掛けると、新潟DFはたまらずにファール、PKを興梠が決めて浦和が先制。浦和は、次第にボールが繋がりだし、コンビネーションプレーが出てくる。武藤からのリターンを受けた柏木のシュートはクロスバー当たるが、跳ね返りを武藤が決めて追加点。なかなか自分の形にならないが慌てずに試合を作って行った。
後半、DFラインの裏に抜け出した興梠のシュートはボストに当たるが、また武藤が詰めて3点目。そして、また柏木からのスルーパスでDFラインの裏に抜け出した興梠が、今度はきっちり決める。
PKを与えたが、その後FKから那須が決めるが、新潟に一点返せらる。守備は少し締まらなかったが、我慢すべきところは、きっちり我慢出来た試合だった。

|

« 神戸に行って来た2015 | トップページ | 京都に行ってきた2015 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報新潟戦:

« 神戸に行って来た2015 | トップページ | 京都に行ってきた2015 »