« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

速報鳥栖戦

鬼門のベアスタでの戦い、ACLが敗退のためコンデション的には悪い感じはしない。
スラメンは、
FWー興梠
MFー李、武藤、宇賀神、関根、阿部、柏木
DFー槙野、那須、森脇
サブは、大谷、永田、橋本、青木、梅崎、高木、ズラタン。前節と変更なし。ロングボール主体で運動量でセカンドボールを拾いまくる鳥栖は苦手な相手。主審、家本。
前半、立ち上がりピリとしない戦い方、ロングボールではなく、ボールの支配率でも鳥栖に主導権をにぎられる。攻めのコンビネーションもない。ただし、守備陣はキッチリと豊田を抑えにかかる。
前半20分に鳥栖は吉田が2枚目のイエローカードで退場となる。1枚目はどのタイミングで出たかようわからなかったのですが、家本裁きのおかげで数的優位となる。しかし、ハードワークの鳥栖ですから、不利な状況は逆に鳥栖の選手に火をつける感じになってします。数的優位となってもペースは一向に上がらず。逆に、FKからまさかの失点で鳥栖に先制を許す展開となってしまう。
後半、立ち上がり早い時間帯に阿部ノシュートが相手選手に当たってこぼれてきたところを、武藤が冷静に決めて同点に追いつく。そして、時間がたたないうちに、柏木が李とのワンツーで抜け出してヘッドを決めて逆転。得点した時間帯が良かった。鳥栖に考える時間を与えなかったため、出で来る鳥栖をいなす展開になる。興梠がシュートを決めて、ここで勝負あり。鳥栖は浦和の攻めに対する守備で体力を消耗することになる。
浦和は、ここでズラタン、梅崎と投入。足が止まり、それでも前に出てこざるをえない鳥栖に対して、ズラタン、梅崎のカウンターが炸裂。2人でその後3得点で、終わってみれば6-1の大勝で祭りだわっしょい!の試合内容となる。
前半の不出来をハーフタイムで修正できたこと、またこの日も落ち着いた試合運びで決して焦ることなく、ゴールを狙っていった。チームの熟成をかんじました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

速報鹿島戦

メンバーは瓦斯戦より変更なし。コレオにしても鹿島戦は気合いが入る。
スタメンは
FWー興梠
MFー李、武藤、宇賀神、関根、阿部、柏木
DFー槙野、那須、森脇
サブは、大谷、永田、橋本、青木、梅崎、高木、ズラタン。主審、木村。
前半、立ち上がりは完全に浦和ペース、コンビネーション良くボールを回す。しか、鹿島はファン、植田で興梠を、SB昌子で関根を押さえ込みにかかる。興梠のところで起点が出来ないと攻撃の厚みが出て来ない。
浦和はミスが多い。そこをついてくるのが鹿島。阿部のミスからのプレーで鹿島にボールを回され、柴崎にDFの裏に抜け出られ、そこからのグロスからジネイにシュートを撃たられるが、西川がナイスセーブ。その直後も鹿島に決定機を作られるが、鹿島のシュートミスに救われる。
全体的には浦和がボールを支配するが、コンビネーションはイマイチ。浦和のミスを抜け目なくつくところは流石に鹿島、しかし決定力がない。やはりタビィ不在の穴は大きい。
後半、立ち上がりは攻めるものの、鹿島はしたたかに浦和のミスをついてくる。ファンのラフプレーに興梠、李が腰がひけきみ。そんな中、森脇、西川の連携乱れ、まさかのオウンゴール。
李→ズラタン、ズラタンのパワーが完全にファンを上回る。前線に起点が出来ると浦和のペース。鹿島ボールカットし、興梠へ、興梠からズラタンにスペースにボールが通り、ズラタンの折り返しを武藤がゴラッソ!
鹿島が疲れが出て、中盤スカスカ、鹿島ボールまた奪った森脇から、関根へ一気のスルーパス。関根はPA中で鹿島DFを軽くいなして、逆転ゴールを突き刺す。
鹿島は終盤完全にガス欠、昔の鹿島ならありえない試合展開。得点は全て浦和がとりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

速報瓦斯戦

取り敢えずの首位攻防戦、注目度が高いあっちの武藤は怪我の具合が心配されたが取り敢えずスタメン。
スタメンは
FWー興梠
MFー武藤、李、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、那須、森脇、
GKー西川
サブは、大谷、永田、橋本、青木、高木、梅崎、ズラタン。怪我のズラタンに代わり興梠がスタメン。梅崎に代わり李がスタメン。落ち着いた試合運びが出来るかがポイント。主審は村上。
前半、立ち上がり左右のボール回しから、左サイドフリーの宇賀神へ、宇賀神のグロスはGKとDFラインとの間への絶妙なボール。李が権田の鼻先でボールをつついて浦和が先制。
先制された瓦斯は前に出てこざるをえなくなる。前からのプレスもきつくなるが、浦和は冷静ビルドアップする。武藤、太田、厄介な選手にはきっちりマークを付けていた。
瓦斯はボールを支配するが、肝心なところにボールは通させず。浦和のDF陣の集中力はすざまじかった。
瓦斯は思うようにボールが通らず、焦ってボールロストし、浦和のカウンターを食いまくり。興梠のシュートは完全に決まったかに見えたが権田がセーブ。そのご、左サイド宇賀神から逆サイドの関根にボールが通り浦和が追加点。
後半、立ち上がりいきなり右サイドからの関根のグロスに武藤がニアに詰めて3点目。3点目を取った時間帯が早すぎたかに思えたが、浦和ののらりくらりのペースに瓦斯は自らペースを崩してしまう。瓦斯はとにかく手癖が悪い。
前田のヘッドで失点するが、これは太田のグロスを褒めろしかないか。興梠→梅崎、森脇→阿部と交代。梅崎は切れていた。ゴール前ドリブルし、ゴールファーサイドのポストに当たりゴールイン。これで勝負あり。
槙野と森重がやたらもめていたが、そうか代表でポジションを奪われたからか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

速報仙台戦

鬼門のユアスタでの一戦、ACLはターンオーバーで戦ったため、浦和の主力組には余裕があるはず。
スタメンは、
FWーズラタン
MFー梅崎、武藤、宇賀神、関根、柏木、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、永田、岡本、青木、高木、李、興梠。いつものリーグ戦のメンバーがスタメン、興梠がメンバーに復帰し競争は激化。主審は飯田。
前半、落ち着いてのボール回し、仙台はウィルソンを残しDFを固める。仙台は浦和のビルドアップで柏木をさかんに狙ってくる。那須から柏木に渡ったとこを狙われカウンター、オフサイドポジションにいた金園はジャンプしてボールに反応したが、
ボールは流れて逆サイドに。オフサイドとセルフジャッジした、一瞬エアポケットになり、西川もシュートに反応できずに、安い失点。
その後、浦和は集中、中央、サイドとバランス良くボール回しし、仙台には隙を与えず。ズラタン→武藤からズラタンスルーの梅崎は決定的だったが、梅崎のシュートはヒットせず。また、関根→宇賀神のミドルと焦らずにじっくりと攻め、仙台のカウンターを受ける場面も無し。
前半終了間際のCKからのこぼれ球を阿部のミドルは仙台DFにあたりゴールイン。いい時間帯に同点に。
後半、ミシャはズラタン、梅崎→興梠、李の二枚替え、この作戦が当たり浦和は2点連取、これで勝負ありと思われましたが、ユアスタが鬼門と言われると言われる所以ですな。慌てなくて良いところで、慌ててしまう。この悪癖は今シーズン随分と解消されたと思われたのですが…
逆転されたとこを追いつくことを良しとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

速報ブリスベン戦

敗退が決まっているACL、メンバー的にはターンオーバーをせざるを得ないところ。ウガは前日の記者会見にも出たのですが、まさかのベンチスタート。
スタメンは、
FW-興梠
MF-高木、李、橋本、平川、啓太、青木
DF-岡本、永田、岡本
GK-大谷
サブは、西川、茂木、斎藤、森脇、宇賀神、小島、武藤。興梠が約1カ月半ぶりの復帰、後のメンバーは大幅に入れ替わり完全なターンオーバー。
前半、今季初出場の大谷のプレーに不安を残したが、大谷はいきなりビッグセーブし、チームに落ち着きを与える。勝つしかないブリスベーンは前目に出てくるので、カウンターを行うスペースは出来ている。
攻めは、前3人で効率的にスペースを上手くつかって出来ている。高木の決定機はシュートがミートせず。その後、カウンターから、啓太→興梠へスルーパスが通り、興梠はGKの位置を確認し、確実にシュートを決める。ブリスベンにボールは支配されるが、決定機は作らせない。大谷を中心に気迫ある守りをしている。
後半、興梠は前半に怪我でひやりする場面もあり、武藤と交代。すると交代直後に、高木からスペースにボールが通り武藤が相手DFをかわして、浦和が追加点。武藤の勝負強さと、高木の持って無さをなんか感じさせてくれた追加点でした。
その後、ブリスベンに1点返されるが、気迫で相手を上回りACLで初勝利。今季最初から言われていたターンオーバーがやっと結果を出しました。ターンオーバーのためにミシャ好みの選手を補強したわけですが、言うは易し、行うは難しの典型のような感じでしたね。今日の試合がACLの初戦あればと思うと、残念でしょうがありませんでした。しかし、この成果は後々きっと出てくる来るでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

速報G大阪戦


GWいきなりの首位攻防戦、昨年の埼スタでは、ほぼ思い通りの展開でしたが、最後の詰めを誤っての悔しい敗戦、この一戦が昨年の両チームの結果を分けてしまいました。
スタメンは、
FWーズラタン
MFー武藤、梅崎、宇賀神、平川、阿部、柏木
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、永田、青木、橋本、関根、高木、李。平川が関根にかわり、宇賀神は出場停止から復帰。武藤、梅崎のシャドー。G大阪は、守備陣がターンオーバー?ACLを見据えての選手起用なのか。主審は佐藤。
前半、お互いに様子の見合い、リスクをかけ人数をかける攻めはなし。手数を掛けずにロング頼みの攻撃が続きます。
浦和の左サイド、G大阪の小椋の挙動は相当に不安、そこを宇賀神ー槙野ー武藤のコンビネーションでつければ良いがなかなかそういう展開に持っていけない。柏木からサイドへの供給するボールが不安定。
守備は、G大阪のキーマンを確実に抑える。宇佐美、パトリックにボールが入ると、複数の人数で囲いこむような守備を見せる。
ズラタンにボールが収まる場面が2度ほどあったがシュートまでもっていけず。お互いに省エネの試合展開、どちらがフルパワーでの攻めを仕掛けてくるかが見もの。
後半、互いの時間帯を作るがゴールまでは至らず。しかし、G大阪は20分過ぎから完全に足が止まってしまい、得意のパス回しができなくなる。前線にボールを蹴るだけでわ宇佐美、パトリックにはボールが渡らず、2人も消耗してしまいました。パトリックは交代の憂き目に会う。
G大阪は中を固める戦法に出るが、ミシャは関根のカードを切って勝負に出る。浦和のサイド攻撃は活性化する。とうとう、左サイドから宇賀神のクロスをズラタンが決めて、浦和が先制。その後、宇佐美の際どいシュートを西川がセーブ。結果は非常に順当。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »