« 速報松本戦 | トップページ | 速報横浜戦 »

2015年4月12日 (日)

速報川崎戦

 川崎戦、今日も面白い一戦になりました。お互いに攻めに出る戦術はパスをつないいで行く、カンターを意識しての攻守の切り替えも早く、展開がめまぐるしく変わる。J2昇格チームとは全く異質のサッカーを見せてもらいました。
 スタメンは、
FW-ズラタン
MFー高木、石原、関根、宇賀神、阿部、柏木
DF-槙野、那須、森脇
GK-西川
サブは、大谷、永田、青木、橋本、梅崎、武藤、李。柏木はボランチ起用、サイドは関根、宇賀神、攻めに重きをおいた陣容で川崎の攻めに対抗できるか。主審は飯田。
前半、川崎は前からハイプレッシャーをかえてレナト、大久保へのショートカウンターという戦術をとってくるかに思えたが、浦和に楽にビルドアップをさせてくれる。互いに、パスをつないいで行く戦法なので、ボールを取りどころを設定しておいて、スペースを与えないで局地戦の様相。
川崎は浦和以上に、細かくそして相手をひきつけてパスを回してくる。ビルドアップで川崎ボールをひっかければ一気にチャンスになるが、川崎の中村、大島のボール回しがさえ浦和になかなかシュートカウンターのチャンスを与えてくれない。
浦和も、無理な縦パスは避けて、ジックリと守備をする。前3人のコンビネーションもいまいちでサイド攻撃が中心となる。関根は攻めでは良いが守りに課題あり、そこを川崎につかれて、関根が1対1でサイドを突破され、中で合わされて先制を許す。
浦和は柏木を起点に攻めるが、CKは取れるがなかなかシュートを打てない展開、川崎の攻撃を相当警戒している。
後半、浦和はCKを取るが槙野に合うがゴールを取るまでには至らず。川崎も、レナト、大久保が決定的な場所でボールをさわるまでは行かず。梅崎、武藤を投入するが、大きな変化は無し。川崎の守備の前に、敗戦間際、FKからズラタンに合いヘッドを決めてようやく追いつく。
攻めの選手が得点したのは、開幕戦の興梠以来、前の3人のコンビネーションがこれから成熟させていく必要あり。その前に、昇格3チームと戦えたのはラッキーだったのか。 

|

« 速報松本戦 | トップページ | 速報横浜戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報川崎戦:

« 速報松本戦 | トップページ | 速報横浜戦 »