« 速報湘南戦 | トップページ | 厳しい現実 »

2015年3月14日 (土)

速報山形戦

速報山形戦


ホーム開幕の山形戦、湘南、山形と昇格組との連戦だが簡単な相手ではない。リーグ戦で勢いをつけACLに臨みたいところです。
スタメンは
FWー興梠
FMー柏木、石原、梅崎、宇賀神、阿部、青木
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、加賀、啓太、関根、橋本、武藤、高木。前節の怪我が心配された興梠はスタメン。梅崎は右サイドWG、橋本は相変わらずベンチ、コンデション的な問題?早く見てみたい。主審は家本。
前半、山形は浦和の5トップにマンマーク、その前に3人のMFを配して浦和の攻撃にスペースを与えない。浦和の両WGに対しての寄せも早く、浦和のサイド攻撃は機能ぜず。また、中の守備も固く、前の3人にもボールは収まらず。山形の守備ブロックの前でボールが回るのみ。
こういう展開になると頼みはセットプレーなのだが、立ち上がりのCKからの石原のヘッドが惜しかったくらいで、柏木のFKは山岸に見切られていた。
後半、武藤投入し柏木がボランチへ、梅崎と宇賀神がポジションチェンジ、これにより浦和の攻撃は活性化する。決定機掴むがなかなか山形のゴールは崩せない。
ミシャは、関根を投入、最後のカードで高木を投入。結局味わいの違うドリブラーが入ることでゴールへの気配が出てくる。
右サイドからのクロスで武藤がせったボールに、阿部が渾身のミドルを山形ゴールに突き刺す。今までのイライラを振り払うかの様な、気持ちの入った物凄いミドルでした。山形の守備の前に内容はイマイチでしたが、勝ち点3をきっちりと取った。これでACLに弾みをつけて欲しい。

|

« 速報湘南戦 | トップページ | 厳しい現実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報山形戦:

« 速報湘南戦 | トップページ | 厳しい現実 »