« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月22日 (日)

速報広島戦

リーグ戦2連勝同士の首位攻防戦、ACLは3連敗の鬱憤を晴らしたいところです。
スタメンは
FWー興梠
MMー李、石原、橋本、梅崎、柏木、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、加賀、青木、啓太、関根、高木、ズラタン。平川、宇賀神、武藤はターンオーバーでお休み、柏木がボランチだが、この起用が今日のポイント。李、ズラタンが復帰。
前半、同じフォーメーション同士のミラーゲーム、局面での攻防は激しい。浦和は前からプレッシャーをかけ、高い位置からのボール奪取でショートカウンターを狙う。ボールは奪えるが、その後の攻めがイマイチ。
広島は、浦和の右サイドの裏のスペースを柏、茶島につかれて決定機を作られ試合は広島ペース。浦和はボールが収まらず、前3人のコンビネーションが活かせない。
後半、広島は失速、全体的にラインが下がりペースは浦和になる。お互いにミスも多くボールが繋げない。
ミシャは、ズラタン、啓太を投入、形は出来たが、決定機は作られず。加賀を投入し、森脇上げるが戦局は変わらず。スコアレスドロー止むなしの内容で、低調な試合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

厳しい現実

残念な結果になってしまいました。ここまで、
6戦して、2勝4敗、勝ちはJ2昇格チームに辛勝、ACLでは3戦全敗内容も完敗という厳しい現実を突きつけられました。そもそも、ACLのための補強を行ったにもかかわらず、ターンオーバーの効果も検証出来ないうちにACLは、ほぼ終戦とうなりました。
日本勢は柏以外は勝ちがないというか全敗ですね。これは日本サッカー界が抱える構造的な問題なのでしょうか。今シーズンの興味も一気に半減してしまうような昨日の敗戦でしだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

速報山形戦

速報山形戦


ホーム開幕の山形戦、湘南、山形と昇格組との連戦だが簡単な相手ではない。リーグ戦で勢いをつけACLに臨みたいところです。
スタメンは
FWー興梠
FMー柏木、石原、梅崎、宇賀神、阿部、青木
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、加賀、啓太、関根、橋本、武藤、高木。前節の怪我が心配された興梠はスタメン。梅崎は右サイドWG、橋本は相変わらずベンチ、コンデション的な問題?早く見てみたい。主審は家本。
前半、山形は浦和の5トップにマンマーク、その前に3人のMFを配して浦和の攻撃にスペースを与えない。浦和の両WGに対しての寄せも早く、浦和のサイド攻撃は機能ぜず。また、中の守備も固く、前の3人にもボールは収まらず。山形の守備ブロックの前でボールが回るのみ。
こういう展開になると頼みはセットプレーなのだが、立ち上がりのCKからの石原のヘッドが惜しかったくらいで、柏木のFKは山岸に見切られていた。
後半、武藤投入し柏木がボランチへ、梅崎と宇賀神がポジションチェンジ、これにより浦和の攻撃は活性化する。決定機掴むがなかなか山形のゴールは崩せない。
ミシャは、関根を投入、最後のカードで高木を投入。結局味わいの違うドリブラーが入ることでゴールへの気配が出てくる。
右サイドからのクロスで武藤がせったボールに、阿部が渾身のミドルを山形ゴールに突き刺す。今までのイライラを振り払うかの様な、気持ちの入った物凄いミドルでした。山形の守備の前に内容はイマイチでしたが、勝ち点3をきっちりと取った。これでACLに弾みをつけて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

速報湘南戦

公式戦3連敗で迎えたリーグ開幕戦、去年のJ2を圧倒的な走力で制した湘南、浦和としても決して油断出来ない相手。
スタメンは
FWー興梠
MFー武藤、石原、宇賀神、平川、阿部、青木
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、大谷、加賀、啓太、橋本、関根、梅崎、高木。相変わらずのターンオーバーで柏木、ズラタン、李は完全休養。主審は松尾。
前半、立ち上がり武藤の突破から興梠の決定機あったがシュートは枠をとらえきれず。湘南は決して前からは追ってこない。しかし、自軍でボールを奪った後の攻めは素晴らしい。攻撃の選手が走りまくり、わらわらと湧いてくる。迫力ある攻めです。
浦和の右サイドからドリブルする選手を追い抜いて、フリーで折り返し、中でも上がってきた選手がシュートしたが槙野がブロック。その後も浦和のボールを奪ってからの攻めで、PA内で浦和のファールを誘いPKで湘南が先制。
浦和のビルドアップもリスクは負いたくないので、スペースへのロングボールが多くなる。浦和はセットプレーから興梠が決め同点に追いつく。
後半、興梠は負傷で高木と交代。高木は周りと連携が取れているとは言い難ったが、高木のドリブルは湘南のDF陣は混乱、セカンドボールも浦和がキープし、湘南は持ち前の走力を生かせず。
後半はずっと浦和ペースだったが、森脇からのクロスを武藤スルーし、逆サイドの宇賀神がゴールし浦和が逆転。また、青木からのクロスに、何故そこにいるのか那須がヘッドで勝負あり。
湘南の走力サッカーは見るものの心をうつが、今日の後半の様な展開に持ち込まれたら厳しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

速報ブリスベンロアー戦


さあ、今年の埼スタ開幕戦となりました。ここまで公式戦は2連敗、なおかつ去年の悪いところを見事にそのまんまで不安一杯の試合です。
スタメンは
FWー興梠
MFー柏木、ズラタン、宇賀神、森脇、啓太、阿部
DFー槙野、那須、加賀
GKー西川
サブは大谷、橋本、青木、石原、梅崎、李、武藤。興梠がスタメン、無理しなければ良いのだが、ミシャはターンオーバーは本当にやる気のようです。主審はウズベキスタン団?
前半、ズラタンと興梠の2トップのフォーメーションと思ったのもつかの間、バイタルでボールを繋がれ右サイドから強烈にシュートを打たれて早々と失点。その後もバイタルがスカスカとなり、相手にフリーでもたれ危ない場面もあり。
興梠、ズラタンに縦パスが最初のうちは入っていたが、シュートに繋がるプレーは無し。コンビネーションと言う所ではまだまだ。サイドからのクロスも精度低く、バックパスが目につく。決定機もなく消化不良のまま前半終了。
後半、加賀、ズラタン→石原、梅崎の交代でミシャは勝負に出る。梅崎の入った右サイドからの崩しで、最後は森脇だが決め切れず。その後も左サイドからの崩しで興梠の決定機、左サイドからの崩しで決定機あったが決まらず。
反攻気分高まるが、ビルドアップで那須が決定的なミス、ボールを奪われた相手を倒して一発レッド。
その後はリスクを冒して攻めるしかないが、ミスが多い。その浦和 につけ込めないブリスベン、大まかな試合になってしまった。取るべき時間帯に点を取れない。これも去年見たパターンだ。今日の入場者も過去最低、まことにお寒い試合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »