« 速報鳥栖戦 | トップページ | 無線LAN繋がらない »

2014年12月 6日 (土)

速報名古屋戦

ホーム最終戦、ここ数年は全く良い思い出なし。リーグ終盤に失速してしまうさまが最終戦に凝縮されてしまうのだろうなあ。
スタメンは
FWー李
MFー柏木、梅崎、平川、宇賀神、阿部、青木
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、加藤、永田、坪井、関根、
啓太、マルシオ、矢島。啓太がベンチに復帰、今日が最後の坪井もベンチに。主審は西村。
前半、立ち上がりのCKから槙野がヘッドを決めて浦和が先制。浦和がきっちりとビルドアップして浦和の時間帯。
名古屋は、永井の裏を取る動きと川又のニアに飛び込んでくるプレーは厄介。また闘莉王の上りも厄介。浦和の守備は集中して、名古屋の得意とするプレーは対応していたが、2列から上がってくる選手のマークが甘く、クロスバー直撃のシュートを2発食らう。
李は奮闘してボールを収めていたが、柏木がバイタルでボールにふれる機会が少ない。
後半、追加点欲しい浦和ですがいつも通りボールをこねくり回し、なかなかシュートまで持っていけない。
守備も堪えきれずCKから失点、その後も選手交代でバランスを崩す。最初はオフサイドで救われるが、最後は啓太のミスから永井に決められジ・エンド。G大阪は引き分けて勝っていれば優勝だっただけに、本当に悔いの残る一戦。終盤はこんな試合ばっか、チームとしての成長は?
最終戦で一番盛り上がったのは闘莉王の礼?

|

« 速報鳥栖戦 | トップページ | 無線LAN繋がらない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報名古屋戦:

« 速報鳥栖戦 | トップページ | 無線LAN繋がらない »