« 今半 | トップページ | 鹿の国への道のり »

2014年10月22日 (水)

速報甲府戦

冷たい雨が降るウィークデイのナイター、風邪が完全に治りきっておらず無念のTV観戦。

スタメンは
FWー興梠
MFー柏木、李、梅崎、平川、阿部、啓太
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、加藤、永田、青木、梅崎、関口、マルシオ、矢島。累積警告で出場停止の宇賀神に代わり梅崎が左WBへし。主審は松尾。
 前半、甲府は2トップ、5バックなので中盤にスペースあるはずだが、2トップがしつこくプレスをかけてくるので、浦和はビルドアップがままならず、興梠にボールが渡らない。前節4失点の守備は安定、バランスをとっての試合展開。
 浦和は、バランス重視のため攻撃に厚みが無い。頼みのセットプレーなのだが、それも不発。浦和のストロングポイント左サイドだが、なぜかジウシーニョが奮闘。
 後半、守備を固める甲府に対して、決定機は那須のセットプレーからのヘッドだけか。ATにクリスチアーノに抜け出されあわやの場面も。結局、そのままスコアレスドロー、上位が勝ち点伸ばせなかっただけに悔しい引き分けでした。

|

« 今半 | トップページ | 鹿の国への道のり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報甲府戦:

« 今半 | トップページ | 鹿の国への道のり »