« 鹿島到着 | トップページ | 速報横浜戦 »

2014年10月26日 (日)

速報鹿島戦

速報鹿島戦
何故か日程くんの仕業で日曜日のナイターとなってしまった鹿島戦、若干客の入りもいまいち。
スタメンは
FWー興梠
MFー柏木、マルシオ、関根、宇賀神、青木、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、加藤、永田、尚貴、啓太、梅崎、関口、李。ミシャはメンバーをいじくってきました。李に代わりマルシオ、啓太に代わり青木、平川に代わり関根。メンバー固定しているが結果がいまいちなのである程度止むは得ないか。主審は飯田。
前半、興梠が前線で起点を作る。サイドへのボールの配給も良く上々の立ち上がり。鹿島は止めきれずPA内で倒してPKゲット。しかしマルシオのキックは曽ヶ端に止められる。結果論だがPKをゲットした興梠に蹴らす手はなかったか。
ダビがいなくて前線で起点が作れない鹿島は、浦和の3バックのサイドをついてくる。鹿島のサイド攻撃に対して浦和寄せが甘い。サイドで数的優位を作られると浦和の対応は後手に回ることになる。カイオへの寄せが甘く鹿島に先制を許す。
後半、興梠の起点からシャドウへのコンビネーションがなかなかつかめない。ミシャは関口、李と交代。とうしても前がかりになる浦和に対して鹿島は2度ほど決定機を掴むが、ゴールには繋がらない。これが鹿島の弱点か。
浦和はシュートのこぼれたところを李が詰めて同点に追いつく。その後は鹿島にボールを支配される時間帯もあったがしのぐ。関口からの攻めがポイントになるとは思ったが…

|

« 鹿島到着 | トップページ | 速報横浜戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報鹿島戦:

« 鹿島到着 | トップページ | 速報横浜戦 »