« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月26日 (日)

速報鹿島戦

速報鹿島戦
何故か日程くんの仕業で日曜日のナイターとなってしまった鹿島戦、若干客の入りもいまいち。
スタメンは
FWー興梠
MFー柏木、マルシオ、関根、宇賀神、青木、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、加藤、永田、尚貴、啓太、梅崎、関口、李。ミシャはメンバーをいじくってきました。李に代わりマルシオ、啓太に代わり青木、平川に代わり関根。メンバー固定しているが結果がいまいちなのである程度止むは得ないか。主審は飯田。
前半、興梠が前線で起点を作る。サイドへのボールの配給も良く上々の立ち上がり。鹿島は止めきれずPA内で倒してPKゲット。しかしマルシオのキックは曽ヶ端に止められる。結果論だがPKをゲットした興梠に蹴らす手はなかったか。
ダビがいなくて前線で起点が作れない鹿島は、浦和の3バックのサイドをついてくる。鹿島のサイド攻撃に対して浦和寄せが甘い。サイドで数的優位を作られると浦和の対応は後手に回ることになる。カイオへの寄せが甘く鹿島に先制を許す。
後半、興梠の起点からシャドウへのコンビネーションがなかなかつかめない。ミシャは関口、李と交代。とうしても前がかりになる浦和に対して鹿島は2度ほど決定機を掴むが、ゴールには繋がらない。これが鹿島の弱点か。
浦和はシュートのこぼれたところを李が詰めて同点に追いつく。その後は鹿島にボールを支配される時間帯もあったがしのぐ。関口からの攻めがポイントになるとは思ったが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿島到着

鹿島到着
2Fバックから、ゴール裏の入場はこれから?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

鹿の国への道のり

さて、明日は我が家にとっては、年1回の家族海外旅行の日となりました。パスポートよ~し、カメラよ~し、チケットよ~し、ガソリン満タンOK。入国の方法については、今年も例年通り、下道をひたすら走る予定です。ガソリンはちょっと値下がりしたものの、余計な高速料金は払わない。ということで、鹿島への道のりは一応おさらいしておいて下さい。

 あとは、毎年恒例のイソの出し物は何になるか、今年も期待して行きましょう。今年も、G裏でなく、2Bゾーンに陣取ることになりました。えーと、入場口は、アウエイG裏が3番ゲートで、2Bゾーンは5ゲートに並ぶことになるのか。G裏に近いとこに陣取るか、見やすい正面にするか思案のしどころです。出遅れると、鹿のサポに皆様と混じることもあるんすかね。

 売店事情はどうすかね。アウェイG裏売店は、凄いので並びで並んだことなしが、バックの売店は非常に充実。煮込みにハム焼きに、鹿の国の旅での楽しみになっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年の鹿島戦は内容は問いません。ただ、欲しいのは勝ち点3の結果のみ!鹿島をぶっ潰しにいこーぜ!!

それでは皆様、明日の浦和の勝利を祈念して!明日はスタジアムで会いましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

速報甲府戦

冷たい雨が降るウィークデイのナイター、風邪が完全に治りきっておらず無念のTV観戦。

スタメンは
FWー興梠
MFー柏木、李、梅崎、平川、阿部、啓太
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、加藤、永田、青木、梅崎、関口、マルシオ、矢島。累積警告で出場停止の宇賀神に代わり梅崎が左WBへし。主審は松尾。
 前半、甲府は2トップ、5バックなので中盤にスペースあるはずだが、2トップがしつこくプレスをかけてくるので、浦和はビルドアップがままならず、興梠にボールが渡らない。前節4失点の守備は安定、バランスをとっての試合展開。
 浦和は、バランス重視のため攻撃に厚みが無い。頼みのセットプレーなのだが、それも不発。浦和のストロングポイント左サイドだが、なぜかジウシーニョが奮闘。
 後半、守備を固める甲府に対して、決定機は那須のセットプレーからのヘッドだけか。ATにクリスチアーノに抜け出されあわやの場面も。結局、そのままスコアレスドロー、上位が勝ち点伸ばせなかっただけに悔しい引き分けでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

今半



今半A5ランクの牛肉ですき焼き!うま〜、とろける❗️

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

速報仙台戦

リーグ戦もいよいよ終盤、今日からの3連戦は重要、仙台、甲府には連勝し鹿島戦に臨みたいところ。
スタメンは
FWー興梠
MFー柏木、李、宇賀神、平川、阿部、啓太
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、加藤、永田、坪井、青木、梅崎、関口、マルシオ。メンバーに変更無し。主審は家元。
前半、浦和はボールをキープするが守備がルーズでウィルソンをフリーにしすぎ。CKからのこぼれ球に反応遅く先制される。その後、FKからのサイドのスペースに流れたウィルソンはフリー。その折り返しを野沢にやすやす決められ連続失点。
ウィルソンを捕まえきれず、その後の対応に後手を踏んで連続失点。その後、阿部がウィルソンを見るような形にして修正を図る。
仙台は4×4の2ラインだが、サイドハーフが下がり浦和のサイド攻撃をケア、その分浦和はビルドアップが容易になり、縦パスが多く入るようになる。CKから阿部がニアですらし、ファーで興梠が詰めてヘッドを決める。また、右サイドからの縦パスをプリック、ボールを受けた興梠がコントロールしてGKの股を抜いて同点。前半のうち追いつく事はてきたが前半部は明らかに集中不足。
後半、ミシャは平川→永田、森脇をWBに上げ守備を固めてくる。しかし、西川まさかのミスで失点。中を固めた仙台DF陣を崩せず。宇賀神二枚目のイエローで退場。ATにダメ押しされ万事休す。試合の入り方が悪かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月15日 (水)

代表ブラジル戦

急ごしらえの二軍メンバーでブラジルに臨むアギーレのメンタリティーて、どうなんすかね。ボロボロのピッチに怪我が怖いのか、流し感ありありのブラジルですが、パス回しについていけず。ボールを如何に奪取するかもままならず。一応守備に人はさいてはいるのですが、簡単にスルーパスからネイマールにやすやす先制される。
後半に入り攻めようとしたのてすかね、ミスが多く、柴崎のミスからネイマールに追加点、柴崎は守備にまわる時間が多く全く使い物にならない。ドロップするシュートだからキャッチは難しいでしょうが、川島も何もネイマールの前にパンチングする必要は無いでしょう。カカからの山なりクロスに誰も反応出来ないDF陣、見ていて絶望感に襲われました。日本代表って、こんな弱かったけ?まあ、でもこれが現実か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

U19韓国に勝利

初戦に中国に敗退、第2戦もベトナム相手にATにようやくの勝ち越し、予選リーグを勝ち抜くには韓国戦に勝利が必要となったわけですが、南野の2ゴールで何とか勝ち上がり。
でもポイントはベトナムの躍進だったわけで・・・ 次を勝てばWユースに出場出来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

速報徳島戦

最下位の徳島戦、今日は勝ち点3が求められる。台風の影響でピッチは水浸し、今日は内容より結果。
スタメンは
FWー興梠
MFー柏木、李、宇賀神、平川、阿部、啓太
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、加藤、永田、直輝、青木、関口、梅崎、マルシオ。関根は不在、徳島は高崎スタメン、小島、青山はベンチ。主審は廣瀬。
前半、水たまりだらけのビッチに悪戦苦闘、いつものようなパスを繋ぐサッカーは出来ない。小学生のようなボールを蹴り合うサッカーになってしまう。それでも浦和が圧倒的に主導権を握る。
興梠のヘッドて決定機をつかみ、CKも数多くつかむが得点には繋がらない。徳島はゴール前にボールさえ蹴れない圧倒的に有利な展開だったが、カウンターからあけなく突破されてしまい、まさかの先制を許す。
こういうビッチ状態だとセットプレーが肝心だが、数多取ったCKはさっぱりだったが、柏木のFKから同点に追いつく。
後半、コンデションは相変わらず、しかし万が一がないようにゲームはしっかりコントロール、安全第一にゴール前にボールを上げ続ける。
セットプレーの流れから那須が決めて逆転。その後もきっちりとゲームはコントロール、厳しいコンデションの中できっちり勝ち点3をゲット出来た。大きな勝利であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »