« 速報ナビ広島戦 | トップページ | 速報柏戦 »

2014年9月13日 (土)

速報清水戦

今季はリーグ戦のみとなってしまったわけですが、アウエーの東海地方は相性悪い。
スタメンは
FWー興梠
MFー柏木、李、平川、宇賀神、阿部、啓太
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、加藤、永田、直輝、関口、青木、関根、梅崎。梅崎に変わり李がスタメン、直輝が久々にベンチにはいる。清水は野箱が先発。主審は木村。
前半、前からプレスに来る清水だが、浦和は冷静にかわす。清水のプレスには連動性がない。浦和の右サイドからのクロスにフリーの野箱のシュートはクロスバー直撃で難を逃れる。
連動性のないプレスをしく清水はDFラインを高く保てなくなる。左サイドに流れたクロスは逆サイドまで一旦は流れるが、その折り返しを森脇がシュート、李の動きにつられてしまった清水GKは動けず、コロコロシュートがゴールイン。
得点した後の時間帯を冷静にしのぐと、中途半端な清水のDFラインの裏を李が抜け出し、ロングパス一本で抜けシュートを決める。2本のシュートで2点と言う効率の良い攻め?というより清水は攻めも守備も中途半端という印象。
後半、試合展開は変わらず、攻め気にはやる清水をおびき出し、カウンターを繰り出す。清水はやることがバラバラ、浦和の思い通りの展開となる。
CKから槙野が決めて勝負あり。清水もCKから一点返すが大勢に影響無し。最後はカウンターから興梠のシュートから相手のオウンゴールで追加点。李がようやくチームにフィットしてきた印象。

|

« 速報ナビ広島戦 | トップページ | 速報柏戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報清水戦:

« 速報ナビ広島戦 | トップページ | 速報柏戦 »