« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月27日 (土)

速報C大阪戦

派手な補強のわりにはずっぽりと降格争いにはまってしまったC大阪、きっちり勝ち点3を取りたいところ。
スタメンは
FWー興梠
MFー柏木、李、宇賀神、平川、阿部,啓太
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、加藤、永田、青木、梅崎、関口、関根、マルシオ。前節ターンオーバーだった宇賀神、平川が復帰。C大阪にはフォルランはベンチさえいない。主審はおかべ。
前半、前からプレスをかけてくるC大阪に苦戦。C大阪の前の3人に攻められるが、シュートの精度が悪い。カカウの動きもイマイチ。
浦和は前節お休みの宇賀神、平川の動きに期待だが、コンビネーションが悪い。前節のような阿部からの精度の高いパスは繋がらない。興梠にもボールが収まらない。決定機はCKから森脇のシュートくらい。
後半、カカウの個人技にやられてしまいました。興梠にボールが収まらない。しかし、浦和のシュートはことごとくGKの正面、まあこんなこともあるわな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

速報新潟戦

攻撃陣が好調、相手チームの浦和対策の上を行く戦いが出来ている。ここのアウエー連戦ではきっちり勝ち点を積み重ねねたい。
スタメンは
FWー興梠
MFー柏木、李、梅崎、関根、阿部,啓太
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、加藤、永田、濱田、青木、関口、直輝、マルシオ。連戦での疲労を考慮してか、宇賀神、平川はベンチ外、関根、梅崎と攻撃重視の布陣。直輝、マルシオがベンチ入り。新潟は前節より可変システムを採用、広島戦では機能しなかった。主審は村上。
前半、スカパー解説の秋田の乳酸値理論のように動きの重い浦和、新潟のハイプレスにピルドアップがままならずに新潟ペースとなる。ただ浦和のDFもしっかりしており、新潟の攻めのテンポアップを許さない。
完全な新潟ペースだか、浦和はロングボールから逆襲、右サイドをロングパスから関根はワンタッチで折り返し、興梠が決めて浦和が先制。
その後も新潟ペースで何度か指宿に決定的なシュートを打たれるが、西川のセーブで難を逃れる。
後半、浦和は落ち着いて試合を進める。ミラーゲームだか戦術の熟練度が違う。新潟は関根とマッチアップした小泉の経験不足が致命的でした。
WBからシャドウにポジションを変えた関根につられ、森脇はフリー、森脇に軽く切り替えされ、シュートを決められる。その後は森脇の軽い守備でピンチを迎えるが、西川がピンチをしのぐ。
その後、青木、永田、マルシオと投入。チームの成熟度に差がありました、新潟のシュートは西川を狙っているかのような印象でした。余裕で逃げ切りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

速報柏戦

速報柏戦
シートチェンジサービスでMU席に陣取ることに。上から俯瞰する席で全体の動きは良く分かる。
スタメンは、
FWー興梠
MFー柏木、李、宇賀神、平川、阿部、啓太
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、加藤、永田、直輝、青木、梅崎、関根、関口。スタメンに変わりはない。マルシオは今日もメンバーに入らず。柏はレアンドローが欠場。ドゥドゥは戻って来たのか。主審は佐藤。
前半、最初の左からの攻撃は興梠に合わず。浦和の攻撃はバリエーションにとんで非常に面白い。クイックスタートからの平川クロスを那須が
決めて浦和が先制。そして、興梠、李と短く繋いで、柏木にわたり2点目。
その後も浦和の攻撃は美しい。柏をタコ殴り状態。2回あった決定機を李が決めきれず。柏を誘い出しての効果仕留めの3点目が入るのも時間な問題かと思われたが、前半終了前の失点は余計だった。
後半、浦和はポゼッションを上げ主導権を握った戦い。柏は走らせられている、イエローが多いのが気掛かり。
興梠が、GKともつれてPK、そして菅野も二枚目のイエローで退場。興梠がこのPKを決めて勝負あり。柏もこの後も退場 者を出し、11対9となるが柏の攻めにドタバタするところもあった。
浦和の守備は相手の攻めをデレイさせ、マークのスライドも的確でした。数的優位となったが完勝の内容でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

速報清水戦

今季はリーグ戦のみとなってしまったわけですが、アウエーの東海地方は相性悪い。
スタメンは
FWー興梠
MFー柏木、李、平川、宇賀神、阿部、啓太
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、加藤、永田、直輝、関口、青木、関根、梅崎。梅崎に変わり李がスタメン、直輝が久々にベンチにはいる。清水は野箱が先発。主審は木村。
前半、前からプレスに来る清水だが、浦和は冷静にかわす。清水のプレスには連動性がない。浦和の右サイドからのクロスにフリーの野箱のシュートはクロスバー直撃で難を逃れる。
連動性のないプレスをしく清水はDFラインを高く保てなくなる。左サイドに流れたクロスは逆サイドまで一旦は流れるが、その折り返しを森脇がシュート、李の動きにつられてしまった清水GKは動けず、コロコロシュートがゴールイン。
得点した後の時間帯を冷静にしのぐと、中途半端な清水のDFラインの裏を李が抜け出し、ロングパス一本で抜けシュートを決める。2本のシュートで2点と言う効率の良い攻め?というより清水は攻めも守備も中途半端という印象。
後半、試合展開は変わらず、攻め気にはやる清水をおびき出し、カウンターを繰り出す。清水はやることがバラバラ、浦和の思い通りの展開となる。
CKから槙野が決めて勝負あり。清水もCKから一点返すが大勢に影響無し。最後はカウンターから興梠のシュートから相手のオウンゴールで追加点。李がようやくチームにフィットしてきた印象。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

速報ナビ広島戦

速報ナビ広島戦
体が重かったウィークデイの試合から中3日で2ndレグての対戦。勝ちが必要な試合。
スタメンは、
FWー興梠
MFー柏木、梅崎、宇賀神、平川、啓太、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー加藤
サブは、岩館、永田、濱田、青木、関根、マルシオ、李。西川以外はリーグ戦と同じベストメンバー。勝ち抜くには得点が必要な試合、興梠が疲労困憊なのは気になるところ。主審は今村。
前半、広島は佐藤、青山をスタメンで起用してくる。広島は前からプレスを結構かけてくるが、浦和のビルドアップに問題は無い。
浦和は、興梠、柏木、梅崎の前の三人にボールが入る。槙野のヘッド、阿部のミドルと決定機はあり。阿部のミドルからのCKから阿部がヘッドを決めて浦和が先制。
広島は佐藤の一発芸が怖いところだが、パスのつなぎから野津田に見事なミドルを決められる。
後半、梅崎→李、ワンチャンスを広島に決められてしまう。広島はその後は引きこもり。浦和が圧倒的にボールを支配する。
関根、マルシオ投入で槙野がこぼれ球を決めて同点。圧倒的に攻めるがゴールは遠い。残念ながらのナビ敗退。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水)

速報ナビ①広島戦

ウィークデイのナビ広島戦、スカパーでの観戦、
スタメンは、
FWー興梠
MFー柏木、梅崎、宇賀神、関口、阿部、青木
DFー槙野、永田、森脇
GKー加藤
サブは、岩館、濱田、啓太、直輝、関根、矢島、李。関口、永田、青木がスタメン、広島は佐藤がスタメン。主審は山本。
佐藤と李のシュートでおあいこと言う事で、埼スタで決めましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »