« 速報川崎戦 | トップページ | 速報天皇杯草津戦 »

2014年8月16日 (土)

速報広島戦

速報広島戦
鹿島、川崎と案の定、追加点が奪えないため苦戦。那須のサスペンションによる欠場もどうなるか、相手は相性の良い広島だが…
スタメンは
FWー興梠
MFー柏木、梅崎、宇賀神、平川、阿部、啓太
DFー槙野、永田、森脇
GKー西川
サブは、加藤、坪井、青木、直輝、関根、関口、李。広島は佐藤、青山はメンバーにさえ入っていない。塩谷、ミキッチもサブ。メンバー的にきついのだろうか。主審は村上。
前半、メンバー的に落ちている広島は無理はしない陣形、浦和はそれでも柏木、梅崎にボールが入りコンビネーションで攻めるが、広島は5パックにして、浦和の縦パスを狙いカウンターを仕掛ける戦法を取る。
最初は前の三人に効果的にボールが入っていたが、次第にボールが入らなくなり、広島に縦パスを狙われカウンターをくう展開となる。シオシオの展開になると思われたが、柏木のFKをGKがはじいたところを阿部がつめて浦和が先制。先制された広島はその後も戦い方を変えるわけで無く、徹底したカウンター狙いで攻めに出て来ず。しょっぱい展開になる。
後半、広島は前半と同じ、これに対し浦和はゴール前まで運べるが最後のシュートが打てない。李をワントップにして、興梠をシャドウに入れる。ボールの回りは若干良くなったか。
広島は高萩も途中交代する厳しい展開、若手を二人入れ、前からプレスをかけるようになるが、如何せん攻撃の形が作れず。ロスタイムのチャンスも西川のビックセーブで防がれる。順当な結果だがしょっぱい試合だった。

|

« 速報川崎戦 | トップページ | 速報天皇杯草津戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報広島戦:

« 速報川崎戦 | トップページ | 速報天皇杯草津戦 »