« 速報徳島戦 | トップページ | 速報神戸戦 »

2014年7月27日 (日)

速報鹿島戦

速報鹿島戦
他とは違いテンション上がる鹿島戦、連続無失点がかかる試合に関根の抜擢。
スタメンは、
FWー興梠
MFー柏木、梅崎、関根、宇賀神、阿部、啓太
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、加藤、永田、濱田、平川、関口、青木、李。鹿島との対戦で関根の抜擢、啓太が久しぶりのスタメン。主審は西村。
前半、真夏の試合かともに省エネモード、荼毘は初めからイライラ。浦和はサイドから攻める。関根は緊張感からかプレーが固い。しかし、右サイドからの攻撃が目立ち浦和ペースに、ただし縦パス入った後のプレーに連動性が無い。
CKからの流れからゴール前がごちゃごちゃになり、興梠が押し込み浦和が先制。しかしかし、鹿島の縦ポンに浦和DFがかふぶってしまい、柴崎同点ゴールをきめられる。浦和は柏木に決定機が2度あったがきめきれず。
後半、ポゼッションの浦和、カウンターの鹿島の様相、鹿島の時間帯はあったが、西川が冷静にさばいたため、あまり危ない場面は記憶に残っていない。関口、李、青木と投入、関口の絶好機は決めて欲しかった。安定したしあ運びが目についた。

|

« 速報徳島戦 | トップページ | 速報神戸戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報鹿島戦:

« 速報徳島戦 | トップページ | 速報神戸戦 »