« ディスク購入 | トップページ | 速報浦安SC戦 »

2014年6月28日 (土)

サンキュー・ザック

W杯は結果としては非常に残念なものに終わってしまいました。結果がすべて、プロであるならそうなのかもしれませんが、そうなるまでのプロセスを見ていきますと、ザックは非常に良い仕事をしてくれ、日本の国民感情といいますか、そのへんの琴線にまでふれてくれたような気がします。ただし、最後の最後で、今までやってきたことを貫くことが出来ず、偶然によるパワープレーに勝負をかけてしまったというか、そういう気持ちさせてくれるのがW杯の本番ということなのでしょうね。そこんとが非常に残念でしたね。
 就任してアジア杯で優勝という結果を見事に出してくれ、その後発生した東日本大震災でもいち早く日本に戻ってくれ復興という意味でも手助けをしてくれた、雨の降る日に傘をさしてくれた、その時の立ち振る舞いは忘れてはいけないことですね。 
 ただ今から思えば、結果を早く出しすぎたがゆえに、さらなるステップアップのチャレンジをためらってしまった感がありますね。そもそも、ザックは可変的な3-4-3のシステムを志向していたようですが、結果をだしたことによって、4バックで選手固定に走り、チームの熟成に力を注いでしまった。それが、自分のチームの力を出せれば良いが、それを突き破る個の力が日本にはないわけで、自分のゲームプランと違った方向に試合が進んでしまうと、それを修正するすべがありませんでした。
 攻撃、守備とも連動して自らゲームの主導権を握っていく戦い、守備的にいく、あるいは手数をかけないでロングボールに頼るような詰まらない戦術ではなく、はまれば面白い、事実アジアでは敵なしだったし、フランス、ベルギーにもアウエーで勝利したし、オランダとも引き分けた。コンフェデでも結果は出なかったが、日本らしい戦い方をみせてくれW杯本番では期待を抱かせてくれただけに非常に残念でした。
 W杯の初戦で、本田が先制し、その後相手ペースでしたが、何とかしのいでいたが、ドロクバ投入で、4分で2失点、あそこの精神面の持ち方が非常に悔やまれますね。また、その後のパワープレー、ギリシャ戦でも同じことをやったわけですが、パワープレーは神頼みですから、日本の今までの戦いとは反するわけで、パスをつなぐより、パワープレーのこぼれ球が味方に落ちてくる、神様はそれには味方してくれないと思いますよ。やはり、最後まで自分たちの戦術をやりとげる方向で戦って欲しかった。最後でザックの戦いがぶれてしまったのは非常に残念で、今回の敗戦を暗示していました。
 ただし、ザックにより日本は間違いなく一歩すすんで次のステージに上がったと思います。今回の戦いで足りなかった何かが難なのか、それは突き詰めて欲しいですね。これが新しいスタートの第一歩になるのではないでしょうか。

|

« ディスク購入 | トップページ | 速報浦安SC戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンキュー・ザック:

« ディスク購入 | トップページ | 速報浦安SC戦 »