« 速報甲府戦 | トップページ | 第13節大宮戦(5/10@Nackスタ) »

2014年5月10日 (土)

速報大宮戦

前節は甲府の厚い守備にスコアレスドローに終わったが、今日の大宮も守備を固めてくるに違いない。
スタメンは
FWー興梠
MFー原口、柏木、平川、宇賀神、青木、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、加藤、永田、濱田、梅崎、啓太、関根、李。興梠をFWに起用、柏木を一列上げ青木をボランチでスタート。主審は松尾。
前半、強風の中風上を取った浦和ですが、引いてくる大宮に対してボールはキープするが得点の気配はない。中盤以降は圧倒的な支配率でほぼハーフコートゲームとなる。しかし守備のバランスは崩さないで集中している。
守備をしない家長のサイドからの攻撃が有効かと思うが、原口は右サイドで右サイドからの攻撃が多くなる。しかし、左サイドからの柏木の
クロスがピンポイントで興梠に通り、興梠が冷静にシュートを決める。
先制された大宮は前がかりとなるが、浦和は冷静に対応、大宮はバランスが悪く中盤にスペースが出来て、セカンドボールも浦和がキープする展開となる。柏木→興梠のカウンターは少しボールが長かった。
後半、大宮はビルドアップしようとするが浦和のプレスをかいくぐれず,カウンターの餌食になる。柏木のDFのタイミングを外したシュートが決まり勝負あり。
大宮は菊池を上げてロングボールを
合わせ作戦に出るが、浦和のプレスに対してロングボールさえ蹴れなかった。成熟した戦いぷり浦和の完勝。

|

« 速報甲府戦 | トップページ | 第13節大宮戦(5/10@Nackスタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報大宮戦:

« 速報甲府戦 | トップページ | 第13節大宮戦(5/10@Nackスタ) »