« W杯メンバー発表 | トップページ | 第14節 C大阪戦(5/17@埼スタ) »

2014年5月17日 (土)

速報C大阪戦

セレ女&フォルラン効果で久しぶりの満員御礼となった埼スタ、しかし、人気と反比例するかのように成績が上がらないC大阪、原因は余りにまで酷い、ポ将の戦術の無さ。浦和としては、きっちり勝利してポ将に引導をわたしたいところです。
スタメンは
FWー興梠
MFー原口、柏木、梅崎、宇賀神、青木、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、加藤、永田、関口、平川、啓太、関根、李。興梠をFWに起用、柏木を一列上げ青木をボランチ、サイドは梅崎でスタート。主審は木村。
前半、浦和のボール回しは軽やか。三人目の動きが良く分かる。C大阪はフォルラン、柿谷の動きに周りがフィットしていない。ただそれはそれで個人プレーで何とかしてしまうのでやはり厄介。C大阪のDFのギャップをついて縦パスが入り、ボールは良く回っているがシュートになかなかもっていけない。金髪でなくなったせいか蛍は全く目立たない。
後半、C大阪は浦和の右サイドから決定機を2度ほどつかむが、西川の好セーブとシュートミスで得点出来ず。浦和の攻めはパスワーク良く繋がる、柏木のループは惜しかった。なかなか得点出来ず。梅崎→関根でボールの回りはさらに良くなる。関根が柏木とのワンツーから抜け出して、見事にゴールゲット。C大阪は何で守備的に戦うのかわからない。柿谷は見後に消えてしまったし、フォルランのコンデションも良く無さそう。ポ将の戦い方に問題あるのでしょうな。西川の落ち着いたプレーぶり、きちんとゴールを決めた関根といい、良い形で中断を迎えることができた。

|

« W杯メンバー発表 | トップページ | 第14節 C大阪戦(5/17@埼スタ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報C大阪戦:

« W杯メンバー発表 | トップページ | 第14節 C大阪戦(5/17@埼スタ) »