« 速報C大阪戦 | トップページ | 新潟到着 »

2014年5月18日 (日)

第14節 C大阪戦(5/17@埼スタ)

3 久しぶりのチケット完売に加えてルーキーの関根が決勝ゴール、GW中の横浜戦、瓦斯戦でも4万人いかず、しかしC大阪効果凄しですね。かくいう私も、フォルランのゴールを期待していた、という事は内緒です。



スタメンは
-----興梠-----
--原口----柏木--
宇賀神-青木-阿部-梅崎
-槙野--那須--森脇-
-----西川-----
サブに、加藤、永田、啓太、関口、平川、関根、李。スタメンは平川と梅崎を入れ替えた布陣で、槙野は欠場を予想されたが左CBに位置することになりました。主審は木村。


前半、浦和がボールを支配し、C大阪は1-4-5の守備陣を敷いて、浦和の攻撃に対抗する体勢となりました、確かに浦和のフォーメーションと同じにして5パックで守るのは、浦和対策としては鉄板でしょうが、浦和の左サイドは槙野が攻め、再三高い位置をキープしてくるため、C大阪はシャドウの柿谷が守備に追われることに、柿谷は守備で疲弊してしまい、攻めがストロングポイントが全く出ない。


|

« 速報C大阪戦 | トップページ | 新潟到着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第14節 C大阪戦(5/17@埼スタ):

« 速報C大阪戦 | トップページ | 新潟到着 »