« 速報大宮戦 | トップページ | W杯メンバー発表 »

2014年5月11日 (日)

第13節大宮戦(5/10@Nackスタ)

終わってみれば得点差以上の完勝、大宮が終盤に繰り出そうしたパワープレーさえも満足にやらせない、出来れば駄目押しのゴールが入っていれば最高でしたが、それは欲張りというものでしょうか。いつもは、ダービーですと気迫をみなぎらせてくる大宮ですが、この日はその気持の部分でもさっぱり、必然の勝利ということでしょうね。
スタメンは
-----興梠-----
--原口----柏木--
宇賀神-青木-阿部-平川
-槙野--那須--森脇-
-----西川-----
サブに、加藤、永田、濱田、啓太、関口、関根、李。スタメンは槙野が久々の復帰、青木がボランチに起用され柏木がシャドーに、平川と梅崎を入れ替えた布陣、永田はサブに回りました。主審は松尾。
 前半、強風の中風上を選択した浦和ですが、先制点を必ず奪うんだという気持ちの表れだったのでしょうね。また、青木をボランチ、柏木をシャドーに起用したことで非常にバランスが良くなり、特に守備の部分では連動したプレスが効いて大宮はビルドアップもままならないという状態に陥ってしまいました。
 これも先制点をあげたことこが大きかったですね。5バックにして、マンマーク気味に浦和の選手をマークにきたわけですが、浦和の圧力の前に大宮のDFラインはズルズルと下がり、浦和は圧倒的にボールを支配したわけですが、ここで点を取れないとややこしい展開になるわけですが、この日はバール奪取から、柏木→興梠へのピンポイント・パスが通り。興梠は冷静にシュートを決め医ら輪が先制。こうなると大宮は前かかりになるわけですが、浦和の組織的なプレスの前に、ビルドアップが出来ない、止むなく逆風下のロングキックとなり、このセカンドボールをことどとく浦和に奪取されてしまう、一時は大宮は自軍から攻めることさえ難儀になり、浦和のハーフコートゲームのような展開となってしまいました。

|

« 速報大宮戦 | トップページ | W杯メンバー発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第13節大宮戦(5/10@Nackスタ):

« 速報大宮戦 | トップページ | W杯メンバー発表 »