« 速報瓦斯戦 | トップページ | 速報甲府戦 »

2014年5月 4日 (日)

第11節瓦斯戦(5/3@埼スタ)

2014540005 横浜戦に続いて、1-0でセットプレーからのワンチャンスを生かしての勝利、去年までのミシャサッカーとは全く違うチームスタイルを確立してしまったかのような感がありました。しかし、瓦斯戦は拮抗した対戦となるので勝利の味も格別なものがありました。

2014540006スタメンは
-----李-----
--原口----興梠--
宇賀神-柏木-阿部-梅崎
-永田--那須--森脇-
-----西川-----
サブに、加藤、濱田、啓太、青木、関口、平川、関根。スタメンは平川と梅崎を入れ替えた布陣で、永田は槙野に変わり左CBに位置することになりました。主審は廣瀬。
 前半、瓦斯は3トップで中央に平山を配して武藤、渡辺をワイドにはって、4バックながら浦和のの5トップに対しては、アンカーの高橋がDFラインに入り、マンマークをして、浦和にスペースを与えないという配置をしいてきました。浦和は前節と同じで、槙野の左サイドに阿部が降りてきて、那須、永田、柏木でビルドアップしていくという態勢を取ってきました。ただどうしても、原口がサイドではっているような形となり、3人のコンビネーションで崩していくというような形はとれずに、左にふぃってから素早く逆サイドにふっていく作戦なんでしょうが、瓦斯の5バックの前になかなか攻め手がない。
 瓦斯は前の3人のプレスをかいくぐれば、容易にビルドアップ出来そうなものでしたが、柏木を米本がきつくマークして、なかなか柏木が前を向いた状態でビルドアップ出来ずに、どうしてもDFラインから、瓦斯の5バックの裏を狙ったボールが多くなる。ただし、瓦斯のDFは足が速くそう簡単には裏をとれるわけもなく、ゲームは膠着状態となる。チャンスとしては渡辺からみのプレーで決定機は瓦斯のほうが多くありました。浦和は、李、興梠、原口とも連戦の疲れからかプレーに切れがない。瓦斯のDFを振り切れそうで振り切れない場面が目につきました。
 後半、立ち上がりから瓦斯がペースを上げて来ました。徳永のシュートはゴールポスト直撃、平山のシュートもわずかに枠を外れる。瓦斯の時間帯でここをしのいだのが、今日の試合のあやでしたね。瓦斯の足がだんだん止まりだして、柏木へのプレスが甘くなり、浦和は柏木経由でチャンスメイクを行う。

|

« 速報瓦斯戦 | トップページ | 速報甲府戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第11節瓦斯戦(5/3@埼スタ):

« 速報瓦斯戦 | トップページ | 速報甲府戦 »