« 速報仙台戦 | トップページ | 第7節名古屋戦(4/12@豊田スタジアム) »

2014年4月12日 (土)

速報名古屋戦

仙台戦での良い流れを継続したいところ。名古屋での豊田スタジアムでは相性が悪い。
スタメンは
FWー李
MFー興梠、原口、梅崎、宇賀神、柏木、阿部
DFー槙野、那須、森脇
GKー西川
サブは、加藤、濱田、啓太、青木、平川、直輝、関根。リベロは怪我の永田に代わり那須、矢島、関口を押しのけ直輝がベンチ入り。競争は激しい。主審、今村。
前半、名古屋は永井が先発、前から積極的にプレッシャーをかけて来るが、浦和はビルドアップは確実に回して来る。名古屋のFKから、柏木、森脇はボールウォッチー、西川がボールを触るが、永井の前にこぼれてしまい、安い失点。
その後は浦和のペース、前線のプレスをかいくぐれば、名古屋のラインはずるずると下がり、柏木が前を向いた状態でのプレーが多くなり、柏木起点に縦パスが通るようになる、テンポよく前の三人にもボールが通るようになる。浦和の左サイドは浦和が完全に支配ずる。宇賀神、槙野が再三サイドを突破してくるが、クロスの精度が悪い。
宇賀神のシュート、興梠の失点とのワンオンワンと決定機があり。前半終了間際、槙野ヘッドからのこぼれ球を原口がシュートを決めたかと思うが、その前の槙野のヘッドはハンドの判定でノーゴール。
後半、前からの圧力を強める浦和、カウンターで対抗する名古屋という展開。サイドからの攻撃も精度が悪い。試合は硬直状態でこうなると、この力、原口が中央をぶち抜いて同点。
関根、啓太と投入、前半から肘打ちなどあざといプレーをしていた永井が2枚目のイエローで退場。名古屋はケネディを残してラインを引いて来る。浦和のプレーも焦り気味でパスもいまいち繋がらない。アデッショナルタイムのラストワンプレーのCKのこぼれ球を那須がシュート、これが興梠に当たりゴールイン。
数的優位を生かせず焦り気味のプレーで同点のまま終了してもおかしくなかったが、最後の最後で執念が実った。

|

« 速報仙台戦 | トップページ | 第7節名古屋戦(4/12@豊田スタジアム) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報名古屋戦:

« 速報仙台戦 | トップページ | 第7節名古屋戦(4/12@豊田スタジアム) »