« 速報柏戦 | トップページ | 速報瓦斯戦 »

2014年4月29日 (火)

速報横浜戦

速報横浜戦
GWの連戦、横浜との埼スタでの戦いは分が悪い印象しかない。前三人の攻撃がなりを潜めてしまった。攻撃陣の奮起に期待したいところです。
スタメンは、
FWー李
MFー原口、興梠、平川、宇賀神、柏木、阿部
DFー那須、永田、森脇
CKー西川
サブは、加藤、濱田、啓太、青木、梅崎、関根、関口。永田が左CBに復帰、GWてあるが微妙にゴール裏に空席目立つ。主審は扇谷。
前半、浦和のビルドアップは那須、永田のダブルリベロで、阿部が左に位置して、槙野の代役をはたすようなポジション。しかし、原口が左に張っているが、原口が一対一になるような体勢になかなかならない。
永田のロングフィードから平川クロスは原口に合ったが、ヘッドはGK正面。
横浜は中村にボールを集めるが藤田がボールを収められず、マルキがいた頃のような攻撃の怖さはない。
原口が左サイドにはるのが新フォーメーションなのか、左に張っている原口にボールは回って来ないし、宇賀神とのコンビネーションも無い。その分中の人数が足りないような気がします。
後半、浦和の攻めは相変わらずコンビネーションがいまいち。サイドからの攻撃もいまいち。選手達の集中力で守備については危なげなし。
こういう時の勝敗を分けるのはセットプレー、柏木のCKがフリーの李にどんぴしゃりのタイミングであい浦和が先制。クローザーに啓太投入、梅崎、関根と交代してまんまと逃げ切りに成功、慌てずに大人の試合運びでした。

|

« 速報柏戦 | トップページ | 速報瓦斯戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報横浜戦:

« 速報柏戦 | トップページ | 速報瓦斯戦 »