« 埼スタ到着 | トップページ | 速報名古屋戦 »

2014年4月 6日 (日)

速報仙台戦

速報仙台戦
ナビ大宮戦を快勝、リーグ戦での戦いに興味がわくところ。鳥栖戦以来だか随分と久し振りに感じる。
スタメンは
FWー李
MFー興梠、原口、宇賀神、平川、柏木、阿部
DFー槙野、永田、森脇
GKー西川
サブは、加藤、那須、啓太、青木、関口、関根、梅崎。リベロには那須に代わり永田、李をスタメン起用。ベンチには青木、関根と結果を出したメンバーが入っている。主審は西村。
前半、浦和は前の三人にテンポ良くパスを入れたいところですが、柏木が不調でぱがなかなか有効に繋がらない。サイドも宇賀神は集中を欠いたプレーでみすが多い。
仙台も前半途中でやなぎさが負傷交代、攻撃に手詰まり感ありあり。浦和のミスからのカウンター狙いだか、それにまんまとはまるように浦和もミス連発。
前の三人にパスが繋がりだす。李のゴール前での空振りは謎のプレー。それでも、興梠→原口→李で見事にパスが繋がって浦和が先制。内容的には、今日の天候と同じで、寒い内容。
後半、立ち上がりから仙台が攻勢をかけて来る。浦和もミスするが仙台は、それにさえつけ込めない。浦和はカウンターから原口→李のループシュートです追加点。これで勝負あり。
後は攻め気にはやる仙台をいなして、宇賀神がシュートを決める。途中交代で入った啓太が目の覚めるようなミドルを決める。瓦斯戦で物凄いミドルを決めたのはいつだったろうか。
仙台のしょぼい攻めにも助けられてが守りても完封。今後に繋がる試合だと思う。最後まで点を取ることにこだわり、気迫を見せていた原口のプレーも目についた。

|

« 埼スタ到着 | トップページ | 速報名古屋戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速報仙台戦:

« 埼スタ到着 | トップページ | 速報名古屋戦 »