« 今日はナビ徳島戦 | トップページ | 速報川崎戦 »

2014年4月17日 (木)

ナビ③徳島戦(4/16@

転勤最終日ということで花束と記念品とかもらってしまい、時間的にはKOに間に合う時間に職場を脱出したが、荷物が多かったため埼スタ行きは断念、スカパー観戦とあいなりました。浦和も徳島もメンバー総入れ替えという感じの試合でした。
 スタメンは
FW-阪野
MF-柏木、直輝、平川、関口、啓太、青木
DF-濱田、永田、坪井
GK-加藤
サブは、山岸、槙野、森脇、阿部、関根、矢島、李。直輝はシャドー、青木はボランチで起用される。徳島も、高崎、青山は欠席で、小島はベンチに入っている。主審は村上。
 前半、浦和が圧倒的にボールをキープするが前3人へのパスが入らない。サイドからの攻撃も単騎突破となってしまい、攻撃に厚みが感じられない。直輝はボールをもらいに下がってきてしまい、本来のプレーする場所にいない。
 永田、啓太からのフィードもミスが多い。バイタルでフリーとなっている青木には何故かパスが回らず。しかし、徐々にボールが回りだすと良い形が出来てくる、と思われた矢先徳島のCKからのサインプレーで、ものの見事にシュートを決められてしまう。
 しかし、浦和もCKから青木がすらして阪野が決めて同点となり前半終了。
 後半、直輝→矢島、矢島は前線でうらを取るプレーが光る。関口の左からの攻撃でつながれたボールを冷静にDFの間合いを見て、シュートを決めて逆転、その後も浦和が圧倒的にボールを支配する。平川→阪野の絶好機は阪野がヘッドを決めきれず。これがケチのつけ始め。
 まずは、DFのクリアボールがかぶってしまい、相手に拾われシュートを打たれる、加藤の正面かと思われたが、加藤がセーブ仕切れずに同点とされてしまう。その後も、坪井のクリアを拾われ、クロスをあげられドゥーグラスに決められてしまい、まさかの逆転。
 永田→槙野、阪野→李の2枚替えで浦和が反撃に出る。左からの攻撃が槙野の加入によって冴えわたる。関口のクロスからの矢島のシュートはオウンゴールをさそい同点。更には、ATにCKの流れから柏木→濱田で逆転。
 お互いに、選手取り換えでの戦いでしたが、馬鹿試合を浦和が制した格好でした。サブのメンツながら、ボールのつながりはテンポに乗ってくれば、レギュラー組と遜色ない。ただし、前でおさめるプレー、サイドからの崩しには課題が残る。J1昇格後、1試合で1点以上取ったことのない相手に3失点、DFのかぶりぷりには課題の残す。本来ならば、矢島が決めて逆転の場面から、失点なく試合を終わらす展開ができなければだめです。

|

« 今日はナビ徳島戦 | トップページ | 速報川崎戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナビ③徳島戦(4/16@:

« 今日はナビ徳島戦 | トップページ | 速報川崎戦 »