« ACL苦戦 | トップページ | 速報広島戦 »

2014年3月14日 (金)

無観客試合

前節、ホーム開幕戦となった鳥栖戦にて一部サポーターが掲げた「JAPANESE ONLY」(日本人以外お断り)の横断幕が差別的だったとして、浦和に対し「けん責」と「無観客試合の開催」という制裁を下すことを発表した。無観客8日の鳥栖戦で浦和の一部サポーターが掲げた「JAPANESE ONLY」(日本人以外お断り)の横断幕が差別的だったとして、浦和に対し「けん責」と「無観客試合の開催」という厳しい制裁が下された。無観客試合の対象は、23日の清水戦(埼玉スタジアム)。リーグによる処分はこれまで制裁金やけん責にとどまっており、史上初の厳罰となる。
とうとう来るべきところに来てしまったと言う事ですか。問題の横断幕を掲示した当事者はもちろん、その横断幕の掲示を確認しながら、長時間にわたって放置していたクラブの危機管理能力の無さに対しても厳罰が下ったと言う事ですね。
過去にも問題を起こして、罰金は食っており今回もせいぜいそうなんじゃないと思っていましたが、村井チェアマンによる、迅速かつ断固たる決断が下されたわけです。まさか、こんなに早く重い裁定が下されるとは…さすがに外部出身の村井チェアマン、内部出身でしたらこうはいかなかったのでしょうか。危機管理能力と言うかリスクマネジメントはさすがでしたね。
この決定は、問題を起こした当事者だけで無く我々も重く受け止めないといけない。今回の件をきっかけとして再スタートをきらねばなりませんね。今度問題が起こればJ2へ降格とか言う話にも繋がってきてしまう。

|

« ACL苦戦 | トップページ | 速報広島戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無観客試合:

« ACL苦戦 | トップページ | 速報広島戦 »